二階堂亜樹、巧みなゲームメイクでラス目からの大逆転!! 風林火山は初勝利でプラス圏へ!!

二階堂亜樹、

巧みなゲームメイクで

ラス目からの大逆転!!

風林火山はプラス圏へ!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021セミファイナルシリーズ」の5日目、第1戦は二階堂亜樹EX風林火山)が、トップを獲得。連続放銃で苦しい立ち上がりとなった二階堂だったが、粘りの麻雀をみせて南場の親番でトップ目に立つとそのまま逃げ切り。風林火山に初トップをもたらした。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠渋谷ABEMAS日向藍子セガサミーフェニックス茅森早香、そして二階堂の4名。

東1局は全員テンパイで流局。1本場は南家・日向が親の二階堂からチートイツ・ドラ2の6400点を直撃。

東2局、自風の【西】をアンコにした茅森が仕掛けて【西】【發】・赤1の5200点を二階堂から仕留める。

連続放銃となった二階堂が、東3局に10巡目先制リーチ。タンヤオ【3ピン】【6ピン】待ち。最後のツモで【6ピン】をツモアガってウラドラが2枚! 2000・4000で失点を回復する。

東4局、親の茅森が8巡目にリーチ。ピンフ・赤1・高めタンヤオ【6ピン】【9ピン】待ち。日向から【9ピン】がツモ切られて5800点。トップ目が茅森に移動する。

3局流局をはさんだ南1局4本場、【發】をポンしてドラ1の1000オールを二階堂がツモって、供託リーチ棒3本を回収する。

同5本場、1副露を入れた日向がタンヤオ・ドラ2・赤1の8000点を茅森から直取り。トップ目は二階堂。2番手が日向となる。

南3局1本場は【9ピン】をポンしたチンイツを、茅森が沢崎から仕留めて8000点。

南4局は、ラス目となった沢崎が渾身のリーチをかける。ピンフタンヤオ・高め678サンショク・ドラ2の【5ピン】【8ピン】待ち。高めの【8ピン】をツモって一発かウラ1以上のバイマンなら、茅森をかわして3着に浮上する。…が沢崎がツモったのは【赤5ピン】。3000・6000で素点を回復して試合終了となった。

二階堂はインタビューで、

「けっこうしんどかったんですけど、苦しいのは自分だけじゃない、同卓してるみんなも苦しんでるハズみたいに、改めて思い直しました。セミファイナル始まってスタートは厳しかったですけど、残り試合数はあるのでファイナル目指して力を合わせてがんばっていきますので、引き続き応援よろしくおねがいします」

と語った。

【Result】
1着 二階堂亜樹・風林火山 3万1600点/+51.6
2着 日向藍子・ABEMAS 2万6000点/+6.0
3着 茅森早香・フェニックス 2万2100点/▲17.9
4着 沢崎誠サクラナイツ 2万300点/▲39.7

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +232.7(6/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +195.5(5/16)
3位 渋谷ABEMAS +131.9(7/16)
4位 セガサミーフェニックス +97.6(7/16)
5位 U-NEXT Pirates +66.8(6/16)
6位 EX風林火山 +25.5(5/16)

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ5日目

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ」
3月28日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:日吉辰哉
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ5日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!