麻雀界のガリレオが追った、ハードラックの向こう側とは【週刊Mリーグ2021レポート10月25~29日】文・須田良規

麻雀界の
ガリレオが追った、
ハードラックの
向こう側とは

文・須田良規 【週刊Мリーグレポート】2021年10月25日~29日

10月25日(月)の第2試合、赤坂ドリブンズ村上淳は、箱下9400点の4着で終了する。
自身これでなんと3回連続の箱下、傍から見れば絶不調と言ってよいだろう。

東1局の親番はこのツモり四暗刻テンパイから渋谷ABEMAS松本吉弘への12000放銃。

 

南1局の親番も非常に巧みに打ちまわしてこのテンパイを入れるが、やはりEX風林火山勝又健志に2000の放銃。

 

南2局は松本が【8ソウ】単騎のチートイツドラドラテンパイから、地獄単騎となる【北】に変えてリーチ。

これを一発で掴んでしまったのも村上だった。

リーチ一発チートイツドラドラの12000。

 

オーラスはアガリトップの勝又が【南】単騎のリーチ。

終盤これに村上が追いついて、乾坤一擲倍満ツモでの3着浮上を狙ったリーチをかけるも━━、

育て上げた手が水泡に帰す、あまりにも無情な掴みっぷり。

この試合を観戦していた誰もが、『村上、ひどい状態だな』と思ったであろう。

打ち手なら誰しも、一日中全くアガれなかったり、何度も相手の当たり牌を掴んだりして、
どうにもならなかった経験があると思う。

 

そういうとき人はどう振る舞うのだろうか。
不運を呪い、ふてくされるのか。
平静を装いながら、諦念に達するのか。

私は村上の試合後のインタビューが気になった。
なんと言っても今期はかつてないほどに続いている大敗である。

あれだけの強者が、私たち凡人と同じように、抗いようのない麻雀の困難に見舞われている。
こんな反省も何もないような展開で、どんな言葉が出てくるのだろう━━?

村上が発したのは、意外なものだったのである。

【北】単騎に一発で打ったときは、【1ソウ】を切るべきだった」

松本に放銃したリーチ一発チートイツドラドラである。

松本の捨て牌は、U-NEXT Pirates石橋伸洋【7ソウ】をポンしてトイトイに向かった後、
手出しで【6ソウ】、次に【6マン】を手出ししてすぐに【6マン】をかぶり、【7ピン】を手出し。

村上はこの時点で【5ピン】がアンコであるから、

メンツとしては使いにくい、妙な【7ピン】だと思ったはずだ。

そして松本がドラの【發】を重ね、手出しの【赤5ソウ】

【6ソウ】を先に切っているのにもかかわらず、ここで【赤5ソウ】
そして次巡に地獄の【北】に変えて、手出し【8ソウ】のリーチである。

これは相当にチートイツを匂わせる捨て牌になっている。
もちろん村上がわかっていないはずがない。

そして一発目に掴んだ【北】

実際、麻雀を打つ人は、地獄待ちに放銃したら仕方ない、と思う人がほとんどであろう。
なんと言ってもすでに2枚切れ、こちらが持っていてもどうやってもアガれない。
ツイてない、で済ませれば誰だって簡単な話だ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!