河野直也が選ぶ『Mリーガー究極の決断』〜ライバルの初トップに捧ぐ・魔神の繊細な選択〜渋川難波編

『120点』

難波ちゃんと出会ったのは『新星戦』という私設リーグ。
今からもう7年前ぐらいになる。

この当時、自分が100点だとしたらという質問コーナーがあった時に難波ちゃんは僕を『120点、とにかくミスが少ないし、守備もピカイチ』
こんなに言ってもらえたら絶対に忘れないし、めちゃくちゃ嬉しかった。
言った本人は覚えてないだろうけど。

僕にとって渋川難波は親友でありライバルだ。
しかし、彼は友達を紹介するという企画で僕の名前を挙げてなかった…。

もし同じ企画に自分が呼ばれたら、僕も絶対に彼の名前は出さないと心に誓ったのをよく覚えてる。

神は細部に宿る

皆様こんにちは!
週末記事担当の最高位戦日本プロ麻雀協会の河野直也です!

本日の究極の決断は11月7日・第1試合
歴代最高打点、最長対局時間など多数の記録が更新された伝説の対局から。

それでは早速スタートー!

『3時間半という長丁場を終えての率直な感想は?』
という問いに
『ほんとに、これは強がりでもなんでもなく、今日はMリーグデビューしてから一番よく打ててた日だったんです』

こう答えたのは、今シーズンからMリーガーとなったKADOKAWAサクラナイツ渋川難波選手。

渋川といえば、素晴らしい解説で見るものを虜にし、今年は惜しくも連覇とはならなかったが、昨年自団体の雀王というタイトルも取り、人気、実力共にトップクラスの選手である。
そんな渋川がここまでMリーグではかなり苦しんでいる。
そして、この日の結果…

『−47,600』

Mリーグの最低得点を大きく塗り替える悪夢のような1半荘。
だが、渋川の内容は素晴らしかった。
全部紹介したいのだが、今回は1局だけ皆様に見てもらいたい。

1回戦・東3局1本場 ドラ【7ソウ】

ここまでリーチで勝負からの放銃とノーテン罰符で現在ラス目の渋川。

『またこのままズルズル行ってしまうのか‥?』

渋川の直近4試合が4.3.4.3‥
不調を物語るような成績。

『打点の作り方を見てほしい』

渋川が常々言う、彼の長所であり、一級品。

配牌にはドラが1枚。
この手をどう仕上げていくのか。

7巡目。絶好の【7マン】を引きタンヤオや平和、そして678の三色も見える高打点のリャンシャンテンになっていた。
そして【西】切り。

ん?
【西】切り?

これが渋川の究極の一打だ。

筆者と渋川は4年前ぐらいに一緒に勉強会をよくしていた。
その時から後輩達に渋川が口を酸っぱく言っているのは、

自分の手に必要のない字牌の切り順は親の現物を残しましょう! なぜなら、親が一番攻めやすい、その親からリーチが来た時には一発という役を防げるようにしましょう!』

こういう風に指標をくれる渋川は麻雀を教えるのも上手である。
その渋川が。
一枚切れずつの字牌、ただ、押し返すための安全牌として持っておきたいのは持ちやすい方。
したがって、親のたろうの現物の【西】を残したい。
さらにいえば今回の手はまだ雀頭がないが、重なったとき、【西】は平和(ピンフ)になるが、【北】は自分の風牌なので平和にならない。

攻守に優れた【西】

だが切った牌は【西】だった。
この時の思考を渋川に聞いてみた。

『本来は平和になるし、親のたろうさんの現物の【西】を残したかったんだけどさ、この局、優さんがチートイツをやってる可能性が高くて、それならば、親のリーチが来た時に打つ【北】より、優さんからのリーチに打ち出す【西】のが嫌だったんだよね』

実際の優の手牌がこちら。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!