渋谷ABEMAS・松本吉弘はツモり四暗刻イーシャンテンでオリるべきだったのか⁉︎【Mリーグ2020観戦記10/15】担当記者:ゆうせー

渋谷ABEMAS松本吉弘は

ツモり四暗刻イーシャンテン

オリるべきだったのか⁉︎

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2020年10月15日

1戦目

東家 石橋伸洋(U-NEXT Pirates)

南家 松本吉弘(渋谷ABEMAS)

西家 瀬戸熊直樹(TEAM雷電)

北家 佐々木寿人(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

実況 松嶋桃 解説 土田浩翔

先日、自身の初戦を3着で終えた松本、東2局の親番。

「リーチ」

単騎のチートイツでリーチを宣言。勝負に出る。

「ロン」

手牌を開けたのは松本ではなく石橋だった。思わずクラッときてしまいそうな高い手。放銃したのは松本。

タンヤオチートイツ赤赤ドラドラ、12000。今日もまた、他家のアガリ牌が押し寄せてくる、厳しく辛い展開。

だが、そんな松本に次局、手が入る。

東3局の2巡目。早くも2つ、アンコが完成だ。

「この手は決める」

河に並べたが、松本の胸中を物語る。

次巡を引き、ひとまずを手放す。

そこからわずか1巡のことだった。

「リーチ」

親の瀬戸熊からリーチがかかる。

「こんなときに限って…」

自分が打っていたならば、泣き言の一つも言いたくなるような状況のなか、松本が次に引いたのは、

だ。ここは、

。瀬戸熊は2巡目にを切っている。松本は比較的安全度の高い牌を選びながら、なるべく形をキープする道を選んだ。

次に松本が持ってきたのは、

熱を帯びた

安全牌は0。どうする。

松本は、

を押した!先ほど述べたように瀬戸熊はを早くに切っているため、といった愚形待ちのカタチでが当たることはほとんどない。

まだ通っている牌の少ないここは、大物手を成就すべく果敢に切り込んでいった。

次に引いたのは。そのまま河に置く。8巡目に松本は、

を引いてきた。

松本の選択は、

ビシッ!!という小気味いい音が聞こえてきそうな、打

瀬戸熊の雀風を考えると、ドラを切ってまで愚形リーチをする可能性は低いと思える。

ここで瀬戸熊のリーチをリャンメンだと仮定して考えると、通っているスジはの8本。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!