勝又健志、前原を美味しく頂いて、個人2連勝!! 風林火山とドリブンズ、2強体制確立!!

勝又健志、

前原を美味しく頂いて、

個人2連勝!!

風林火山とドリブンズ、

2強体制確立!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕24日目、第1戦は勝又健志EX風林火山)が、トップを獲得。東場と南場で前原から2度の12000点をアガった勝又が、終始リード。小林に肉薄されるも、最後はその小林からの直撃を仕留めて逃げ切りトップ。個人2連勝を掴んだ。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部前原雄大渋谷ABEMAS松本吉弘U-NEXT Pirates小林剛、そして勝又の4名。

開局は北家の小林がをポンしての1000点を、勝又からアガって松本の親を落とす。

東2局は、親の勝又と南家の前原のリーチ合戦。前原が勝又のアタリ牌を掴んで、リーチ・ドラ2・赤1の12000点。勝又がリードを掴む。

同1本場、早々にをポンした北家の松本がトイトイにむかう。小林がリーチをかけるが、松本は自風のをポンしてのシャンポン待ちでテンパイ。しかし前原がを絞った結果、松本が小林に放銃。ドラ1の2600点で、小林が勝又を追う展開。

東3局、松本がポン、ドラのチーで赤1のカン待ちテンパイ。10巡目、小林がタンヤオピンフ・赤1をテンパイし、松本から討ち取って3900点。

東4局、松本が自風のをアンカン、ポンでホンイツのテンパイ。これを前原から討ち取って8000点。

南1局、とポンした勝又が待ちのテンパイ(ドラ)。高めのを前原から仕留めて12000点。勝又がリードを広げる。

南2局、先制テンパイは小林。ピンフイッツー・赤1の待ち。しかし、小林が親の勝又の追いかけリーチに捕まってしまい、ドラ1の3900点を失点。勝又が盤石のリードを築く。

南4局、先制したのは親の小林。タンヤオピンフ待ち。そしてを引き入れてテンパイしたのが3着目の松本。リーチ・高めイーペーコー・赤1の待ち。両者待ちは牌山に2枚。松本の掴んだハイテイ牌はホウテイ・ウラ1の12000点。小林が勝又を視野に入れる。

同1本場、14巡目にタンヤオのチーテンを入れたのが勝又。待ちは。次巡、高めタンヤオ・赤1の待ちテンパイを入れた小林が即リーチ。さらに宣言牌のドラのを松本がチーして345サンショク片アガリの待ち。この三つ巴を制したのは… 勝又! 小林がを掴んでタンヤオ・ドラ1・赤1の3900点を放銃。勝又が辛くも逃げ切りトップとなった。

勝又はインタビューで、

「そうですね、1回のミスが即致命傷にならないポイントなので、プレッシャーを大きく感じることなく、のびのび打てているなと思います。今は大きなリードがありますが、まだまだ序盤戦ですので自分たちらしい麻雀で、500・600ポイント目指して頑張っていきたいと思ってます」

と語った。

【Result】
1着 勝又健志・風林火山 5万8000点/+78.0
2着 小林剛・パイレーツ 3万8000点/+18.0
3着 松本吉弘・ABEMAS 1万4600点/▲25.4
4着 前原雄大麻雀格闘倶楽部 ▲1万600点/▲70.6

【Total】
1位 EX風林火山 +437.6(23/90)
2位 赤坂ドリブンズ +355.1(24/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲21.0(23/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲80.5(23/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲138.1(23/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲177.6(24/90)
7位 KADOKAWAサクラナイツ ▲177.8(24/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲197.7(24/90)

「大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vs風林火山vsPirates vsABEMAS」

詳細情報
KONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山vsU-NEXT Pirates vs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」 11月13日の対戦はKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山vsU-NEXT Pirates vs渋谷ABEMAS

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!