目指すは”逃げ切り”ではなく”完全優勝” 強気なゼウス・鈴木たろうのリーチ選択【熱論!Mリーグ/FS第19節】

点棒を持っているこの状況では、慎重になるのも当然だ。

すると、タイミングよくが重なる。

が他家に当たらないか警戒し、そっとテンパイに取った。

このままテンパイを維持したいが、次巡に持ってきたのは初牌の

も勝又には危険な牌。放銃すれば満貫以上。

トップ目のこの状況で、ゼウスの選択は…

なんと単騎のリーチ。

ベタオリが大嫌いなゼウスは、勝又にプレッシャーをかける選択を取った。

結果は流局だったが、非常に強気なリーチ選択。

ゼウスの目標はベタオリして逃げ切って優勝、ではない。

相手を完全に制圧して優勝することを望んだのだ。

2

最後の勝又の親番。ここを凌げば風林火山とのレースはひとまず安泰だ。

ドラ対子を頼りに、カンから仕掛けていく。

索子に寄せていた勝又からが鳴けて、あっという間にテンパイ。

そこからやや時間はかかったが、ツモり上げて2000-4000。

勝又に何もさせず、逆に完璧な親被りを浴びせた。

オーラスは勝又が2着浮上のアガリを決め、惜しくもトップラスとはいかず。

しかし、完全制圧ともいえる内容で、またもポイントを積み上げた。

インタビューの表情にも、すでに横綱のような風格が感じられる。

完全優勝への道を歩むドリブンズの麻雀が見られるのも、あと5半荘。

どこまで期待値を積み上げるのか?その到達点を楽しみに、最終日を迎えよう。

 

真中彰司
関東の理系大学院に在学中の学生。個別指導塾の数学講師という顔も持つ。主に統計学を研究する傍ら、都内各地にて麻雀修行中。

(C)AbemaTV

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!