自分は実況者である前に麻雀プロ、当然のチャレンジだった EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディション【日吉辰哉インタビュー】

自分は

実況者である前に麻雀プロ、

当然のチャレンジだった 

EX風林火山ドラフト会議

指名選手オーディション

【日吉辰哉インタビュー】

日吉辰哉(Mリーグ公式実況・日本プロ麻雀連盟)

Twitter:https://twitter.com/tty_hiyoshi

 

 -日吉プロは、今回の参加者の中で最も注目されている一人だと思います。なぜオーディションを受けようと思われたのでしょうか。

今は実況者としての仕事が増えていますし「麻雀プロなんですか、実況者・アナウンサーなんですか?」と聞かれることも多いのですが、そもそも僕は麻雀プロで、その看板があっての実況者なんです。そして今でも麻雀プロとしてリーグ戦やいろいろなタイトル戦にチャレンジしています。

その中でこのような大きな舞台に挑戦する機会があるのであれば、結果はどうあれ参加するのは麻雀プロとして当然だろうと思いました。

-日吉プロは、今回の参加者の中で最もMリーグを肌で感じている一人だと思います。

実際の対局中は実況席にいるので直接空気感を味わうことはないですが、計り知れない場所なんだな、とは思います。

-Mリーグは、麻雀プロにとってどういう場だと捉えていますか。

団体の垣根を越えたタイトル戦は数多く行われてきていますけど、やはりMリーグというのは、麻雀プロにとっての最高峰のステージだと思います。また、Mリーグはチーム戦やユニフォームといった従来になかった斬新な要素が多数あります。これまでに他人の裏ドラを願うなんてことはまずなかったですし、そこに込められる思いには、とても熱いものがあると思います。そして何より、Mリーグは視聴者がいて初めて成り立つもの。自分を含め、見られる側になるという自覚は、Mリーグに関わる人間は大事にしなければいけないと思います。

-最後に、今回のオーディションへの意気込みをお聞かせください。

参加されている方々の熱量はひしひしと感じます。ここで戦う経験は結果を問わず今後の自分の成長につながると思います。最後までしっかりと、麻雀プロとして戦っていきたいと思っています。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!