小林剛、麻雀サイボーグの面目躍如!! 6万点オーバーで初戦を快勝!!

小林剛、

麻雀サイボーグの面目躍如!!

6万点オーバーで初戦を快勝!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ初日」の緒戦となる本日の第1戦は、小林剛(U-NEXT PIrates)がトップを獲得。小林は6万点オーバーという大量得点で、最後方からのスタートというハンデを一戦で跳ね返した。

1回戦の対局者は、セガサミーフェニックス茅森早香渋谷ABEMAS多井隆晴KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠、そして小林。

東1局は流局。同1本場に多井がリーチ・一発・ツモ・ピンフの5200をアガると、次局は小林が、ドラ1・赤1の手でリーチ。待ちはのシャンポン。小林はを一発でツモって3000・6000。1局で多井をかわしてトップ目に立つ。

そして東3局は親の多井と小林のリーチ合戦。ドラ1の待ちでリーチをかけた多井に、小林は同巡にツモ切りリーチ! 小林はすでに待ちのピンフサンショク・ドラ1・赤1でテンパイしていたのだ。決着は終盤に多井が小林に放銃。12000点の直撃で、小林が1馬身リードを築く。

小林は南1局の親番でも、5巡目に先制リーチを敢行。

123のサンショク、待ちはペン。これを4巡後に悠々とツモりあげて4000オールを加点。

この後も小林は手数を放ち、いっときは7万点を超える点棒を稼いで余裕のトップで試合終了。

4位スタートのパイレーツを一気に2位まで押し上げた。

勝利者インタビューで小林は、
「皆さんお待たせしました。いい内容で打てて満足だと思います。ようやく優勝争いできるところまできました。残り11戦、いい麻雀を打って必ず優勝したいと思います!
と語った。

【Result】
1着 小林剛・パイレーツ 6万2700点/+82.7
2着 多井隆晴・ABEMAS 2万1000点/+1.0
3着 茅森早香・フェニックス 1万700点/▲29.3
4着 沢崎誠サクラナイツ 5600点/▲54.4

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +88.0(1/12)
2位 U-NEXT Pirates +81.0(1/12)
3位 セガサミーフェニックス +56.7(1/12)
4位 渋谷ABEMAS +33.0(1/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲65.0
6位 TEAM雷電 ▲86.8
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ初日」

KADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates

2019ファイナルシリーズは、セミファイナルシリーズを勝ち抜いた
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
UーNEXTパイレーツ
による直接対決!

セミファイナルシリーズのスコアを半分持ち越し4チームによる計12戦を行い、優勝チームが決定します。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:萩原聖人
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ初日

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!