魚谷侑未、これぞMVPの麻雀!! 積極果敢な攻撃姿勢で、 しびれる接戦を制して辛勝!!

魚谷侑未、

これぞMVPの麻雀!!

積極果敢な攻撃姿勢で、

しびれる接戦を制して辛勝!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ初日」の第2戦は、魚谷侑未セガサミーフェニックス)がトップを獲得。全員僅差で迎えたオーラス2本場。逃げる魚谷と追う白鳥、配牌の差で白鳥の勝利かと思われたが、ラス目から逆転リーチをかけた石橋に内川が飛び込み、魚谷の逃げ切りトップ。魚谷がチームを首位に導いた。

2回戦の対局者は、渋谷ABEMAS白鳥翔KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎U-NEXTパイレーツ石橋伸洋、そして魚谷。

開局は西家の石橋が、ピンフ・ドラ1・赤1の手をリーチ・ツモ。マンガンのアガリで先行する。

しかし東3局、その石橋が親番でリーチをかけるも白鳥のヤミテンに返り討ちに遭う。ピンフ・ドラ2・赤2の8000点でトップが入れ替わる。

東4局には、西家の魚谷がリーチ・タンヤオピンフ・ドラ1のツモアガリ。これで魚谷がトップ目に立つ。

南1局、南家の魚谷がと仕掛けて5巡目にドラ1・赤1のマンガンテンパイ。待ちに内川がで飛び込んで、魚谷が頭一つ抜け出す。

南3局にはラス目に落とされた内川が攻勢に出る。ドラののシャンポン待ちでリーチ。親の石橋の追い掛けリーチを食らうも、をツモアガリ。土俵際で踏みとどまる。

そして迎えた南4局2本場。トップは依然として魚谷だが点棒は全員2万点台、誰がトップになってもおかしくない平たい状況。まず先制したのは白鳥。アガればトップの白鳥はリーチのみの待ち。次に捨て牌を曲げたのは石橋。のシャンポン待ち、ツモれば三暗刻で文句なしのトップになれる。

決着をつけたのは内川の捨て牌。ツモ切られたのはで石橋がロンを宣言。しかし出アガリだと三暗刻がつかず、裏ドラものらず1600点。石橋が3着に浮上、魚谷は1位逃げ切りで試合終了となった。

勝利者インタビューで魚谷は、
「いや〜、いろいろあったんで最後は(逃げ切れて)ホッとしました。できるだけ連勝を重ねていって、突き放せるような展開に持っていけたらベストかなと思いますが、個々で最後まで闘い続けて、最後にトップに立っていられるように頑張りたいと思います
と語った。

【Result】
1着 魚谷侑未・フェニックス 2万9700点/+49.7
2着 白鳥翔・ABEMAS 2万7400点/+7.4
3着 石橋伸洋・パイレーツ 2万3300点/▲16.7
4着 内川幸太郎サクラナイツ 1万9600点/▲40.4

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +106.4(2/12)
2位 U-NEXT Pirates +64.3(2/12)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +47.6(2/12)
4位 渋谷ABEMAS +40.4(2/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲65.0
6位 TEAM雷電 ▲86.8
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ初日」

KADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates

2019ファイナルシリーズは、セミファイナルシリーズを勝ち抜いた
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
UーNEXTパイレーツ
による直接対決!

セミファイナルシリーズのスコアを半分持ち越し4チームによる計12戦を行い、優勝チームが決定します。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:萩原聖人
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ初日

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!