内川幸太郎、沢崎誠に続いてサクラナイツ同日2連勝!! パイレーツとの首位争いに、一番名乗りを上げる!!

内川幸太郎、沢崎誠に続いて

サクラナイツ同日2連勝!!

パイレーツとの首位争いに

一番名乗りを上げる!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕63日目、第2戦は内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。南場の親番でのマンガンツモが決定打となり、内川がプラス圏に浮上する5勝目。首位のパイレーツにサクラナイツが肉薄した。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人渋谷ABEMAS松本吉弘、そして内川の4名。

東1局1本場、北家・松本が10巡目にペン【7ソウ】待ちでリーチ(ドラ【9ソウ】)。次巡、追いついた佐々木がリーチを宣言するが、横に置いた牌が【7ソウ】。ウラ2の8000点で、松本が先制打を決める。

東4局、南家の内川が早々に【南】をポン。7巡目にチャンタ・ドラ1のテンパイ。待ちは【東】【發】のシャンポン形。これに園田が【發】を空打ち放銃で8000点。これで内川がトップ目に。

南1局、親を迎えた内川が5巡目にリーチ。ピンフ・ドラ1・赤1の【1ピン】【4ピン】【7ピン】待ち。西家・佐々木からの追いかけリーチが入るが、内川が【1ピン】をツモって4000オール。これで内川がアタマ一つ抜けたトップ目に立つ。

以降は内川の思惑通り、他家同士の打ち合いで局が進む。トップ目のままオーラスを迎えた内川が、ピンフのみをツモって、400・700で試合終了。サクラナイツが沢崎・内川の同日2連勝で、パイレーツとの首位攻防戦に名乗りをあげた。

内川はインタビューで、

「チーム内で今すごく大事なときだから、ここで巻き込まれないようにしっかり上に抜けておこうね、という話をしていたので、沢崎さんが決めてくれた2連勝の風を閉ざすわけにはいかないと、気合い入りました」

と語った。

【Result】
1着 内川幸太郎サクラナイツ 4万7500点/+67.5
2着 園田賢・ドリブンズ 3万700点/+10.7
3着 松本吉弘・ABEMAS 1万5000点/▲25.0
4着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 6800点/▲53.2

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +304.7(62/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +264.1(64/90)
3位 渋谷ABEMAS +152.3(64/90)
4位 EX風林火山 +137.7(62/90)
5位 セガサミーフェニックス +90.8(62/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲30.4(64/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲74.2(64/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲865.0(62/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
1月24日の対戦は大和証券 Mリーグ 赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!