茅森早香、魚谷侑未と同日連勝!! フェニックス、ついに最下位脱出!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

茅森早香、

魚谷侑未と同日連勝!!

フェニックス、ついに

最下位脱出!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の82日目、第2戦は茅森早香セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。開局の親番で僥倖のチンイツをものにし、好発進の茅森。いったんは佐々木にトップ目の座を譲るが、合計5回のアガリを決めて快勝。フェニックスがBEASTをかわして8位に浮上した。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢EX風林火山二階堂瑠美KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人、そして茅森の4名。

東1局、マンズ多めの配牌をもらった茅森が【5マン】ポンからのチンイツ、4000オールのツモアガリ。開局から大きなリードを得る。

しかし同1本場、園田とのリーチ合戦に勝利した佐々木が赤1・ウラ2のチートイツ・ツモで3000・6000。茅森に親被りをさせて佐々木がトップ目に。

東3局2本場、二階堂がリーチの園田の現物の【7ピン】を切ると茅森が手を開く。ピンフ・赤2の3900点。ふたたび茅森がトップ目に立つ。

茅森のトップ目のままで迎えたオーラス、ラス目の親番・園田がチートイツ・ドラ単騎待ちでリーチをかけるも、茅森のヤミテンに放銃。ピンフ・イッツ―の3900。茅森が自らアガリ切って、フェニックスの同日連勝を決めた。

茅森はインタビューで、

「ほんとよかったです。1戦目ゆーみんがトップ取って、ここでトップ取るとぐっ縮まる、ボーダーに近づくのでほんとよかったですね。(ボーダーとの約140ポイント差について)もうすぐですね。またトップトップ取ればね、すぐ追いつきますね」

と語った。

【Result】
1着 茅森早香・フェニックス 4万3300点/+63.3
2着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 3万3700点/+13.7
3着 二階堂瑠美・風林火山 2万1700点/▲18.3
4着 園田賢・ドリブンズ 1300点/▲58.7

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +523.2(72/96)
2位 U-NEXT Pirates +363.7(72/96)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +231.8(72/96)
4位 赤坂ドリブンズ +175.7(74/96)
5位 渋谷ABEMAS +83.8(74/96)
6位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲256.9(74/96)
7位 EX風林火山 ▲309.7(74/96)
8位 セガサミーフェニックス ▲395.8(72/96)
9位 BEAST Japanext ▲415.8(72/96)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀 格闘倶楽部vsフェニックス

2月13日(火) 19:00 〜 2月14日(水) 00:00

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KONAMI麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:むく大樹
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀 格闘倶楽部vsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/