待ち望んだ同日連勝 首を長くして待った茅森早香の目覚め【Mリーグ2023-24観戦記 2/13】担当記者 渡邉浩史郎

待ち望んだ同日連勝
首を長くして待った
茅森早香の目覚め

文・渡邉浩史郎【火曜担当ライター】2024年2月13日

第2試合

東家:茅森早香セガサミーフェニックス
南家:佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部
西家:二階堂瑠美EX風林火山
北家:園田賢赤坂ドリブンズ

一戦目

魚谷が浅見の猛追を振り切り、薄氷のトップを獲得した。

ここまでは今期のフェニックスでよく見た光景でもある。
とにかく一戦目トップの後が続かない苦しい状況。先日の醍醐トップ→魚谷苦しいラスも記憶に新しいところ。

一戦目を終えてのポイントがこちら。
ボーダーまではおよそ200ポイント、ここでのトップはチームのムードもガラッと変わるだろう。

二戦目の登板は……

魔術師・天衣無縫・魔王を相手に、天才がこの天王山に挑みに行った。

【東1¥】
開いた茅森の配牌が……

デン!

麻雀たまにあるある、いわゆる神配牌。さらに展開よく……

この手の園田から第一打に【5マン】が切りだされる。

これはポンしての【1マン】【4マン】くっつきとダブ【東】重なりのほうが良さそうだ。
カン【5マン】でチーをすると
【1マン】【2マン】【3マン】【5マン】【5マン】【6マン】【6マン】【8マン】【8マン】【東】 チー【5マン横向き】【4マン】【6マン】
となり、ほぼ【4マン】【7マン】二度受け頼り、せっかくのダブ【東】も一瞬機能停止してしまう。

まさに電光石火。雷鳴轟く4000オールで開幕した。

この勢いそのままに、ワンサイドゲームでゴールと行ければどれだけ楽だっただろうか。

余韻に浸る間もないまま、寿人のリーヅモ七対子赤裏裏。わずか一局で魔王が追い越していく。

 

 

2600、3900と供託、そして2000オールとコツコツ打法で再び引き離していくが……

今度は魔王に代わって天衣無縫が羽を伸ばす。こちらもコツコツからの大きな一打で茅森に肉薄。

南三局の親番でも連荘を重ね、いよいよ後がなくなってきた茅森

そんな中で茅森の必死さ、がむしゃらさが伺えたのが【南3局1本場】

配牌イーシャンテンだが打点がなく、形も悪いこの手。二巡目に【8ソウ】を持ってきて【1ピン】ではなく【4ピン】切りとした。

狙っているのはもちろんチャンタ系の手役。ライバル瑠美の親を流すため、イーシャンテンから向点数変わらずのチーも辞さなそうに見える。

しかし園田が切った【7ソウ】には声を掛けなかった。これを鳴くとジュンチャンの仕掛けられるイーシャンテンになるところだが……

6巡目、裏目の【赤5ピン】をツモ切って、ここでシャンポン受けが出来る【1ピン】を持ってくる。
これは【8ソウ】を切って、目一杯待ったなし。

……ではなく、【1ピン】ツモ切り!

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/