フェニックスを追いかけて…黒沢咲vs前原雄大、セレブとゴジラの激しいリーチ合戦!【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

熱論!Mリーグ【Sun】

フェニックスを追いかけて…

黒沢咲vs前原雄大、

セレブとゴジラの

激しいリーチ合戦!

文・真中彰司【日曜担当ライター】2020年1月19日

2020年1月19日。

Mリーグサンデーマッチ、1戦目。

この日は日曜日。開始時間も19時ではなく17時だ。

残り30戦あまりで、崖っぷちのドリブンズ。

そして1位のフェニックスを追いかけるサクラナイツ・チーム雷電・麻雀格闘倶楽部の3チーム。

今日も生き残りをかけた、激しいマッチレースが始まった。

1戦目

東家 岡田紗佳サクラナイツ

南家 鈴木たろう(ドリブンズ)

西家 前原雄大麻雀格闘倶楽部

北家 黒沢咲TEAM雷電

まず先手を取ったのは黒沢。

ゴージャスな配牌から、3巡目にはもうテンパイ。

しかもヤミテンに構える。

3巡目に何気なくを切って「8000」と言われたら、ひとたまりもない。

「うーん、でもこの手牌が8000点は物足りないわね

どこまでも高みを求めるのがセレブ打法。

思い直して、と入れ替えてリーチに踏み切った。

時間はかかったが、しっかりツモって3000-6000。

これで前節から引き続き、なんと6連続で12000点を和了。

恐るべし、セレブ打法…

雷電ばかりに先行されるわけにはいかない。

負けじとリーチを放ったのは、麻雀格闘倶楽部・前原。

「高宮も前節トップ取ったし、私も続かなくては」

リーヅモドラ赤で4000オール。

東3局1本場、さらに前原がたたみかける。

を引き入れて、連続の親リーチ。

しかし、このがなかなか顔を見せない。

それもそのはず、実はは全て黒沢が吸収していたのだ!

を使い切り、逆にテンパイを入れ返す。

「ここで決められるわけにはいかない!」

「なかなか出てこないな

前原の最後のツモ番にいたのは、なんと

黒沢が前原の連荘を阻止。互いに独走を許さない。

連荘は止めたが、前原の勢いはまだ止まらない。

南場でも颯爽と愚形リーチを敢行。

そのまま一発でツモ!三色崩れの愚形リーチが、3000-6000に化けた。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!