松本吉弘、ハコ下からの生還!! ABEMASはまだまだ死んでない!!

松本吉弘、

ハコ下からの生還!!

ABEMASは

まだまだ死んでない!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ4日目」の第2戦は、松本吉弘渋谷ABEMAS)がトップを獲得。南場を迎えた時点ではハコ下に沈んでいた松本だったが、親番で大躍進。マンガンの連発でトップ目に駆け上がり、オーラスも小林のドラ3リーチを自ら押し切ってツモアガって決着。ABEMASが優勝争いに土壇場で踏みとどまった。

2回戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠U-NEXTパイレーツ小林剛セガサミーフェニックス魚谷侑未、そして松本。

開局から、魚谷が連続12000ツモアガリの猛ダッシュを見せたかと思うと、沢崎のリーチが真っ向勝負に出た松本から一発でハネマンを討ち取るという打撃戦となったファイナル4戦目。

東4局に沢崎がマンガンをツモアガると、松本の点棒は▲500点に。絶対にトップが欲しい半荘だったのに、松本は南場の親番をハコ下で迎えるはめになってしまった。

しかし、ここから松本の大反攻が始まる。

南1局、ポン、ポンと早々に仕掛けた松本に、小林がトイツ落としの2枚目のを切るとこれが御用。

  ロン ポンポン

赤入りの12000点。これで松本は3着に浮上。

同2本場、松本はドラ2の七対子を単騎待ちでリーチ。これに沢崎が放銃して12000点。

さらに4本場、松本が8巡目に先制リーチ。待ちはのシャンポン待ち。これに小林が一発で放銃。ドラ1の9600点で、松本ついにトップ目に躍り出る。

オーラス、ラス目の親番の小林がドラをアンコにして12巡目に怖い親リーチをかける。

すでに待ちのピンフでテンパイしていた松本だが、はドラで小林にアンコの牌。しかし松本はオリずに押し切ってツモアガリ! 400・700のツモアガリで自身でトップをもぎ取った。

勝利者インタビューで松本は、
「レギュラーシーズンに奮わなくて、チームメイトにここまで連れてきてもらったというのが正解の言葉で、(だから)『ファイナルでは!』という強い思い入れがあったので、九死に一生を得たというか首の皮一枚でつながったと思います
と語った。

【Result】
1着 松本吉弘・ABEMAS 3万9600点/+59.6
2着 魚谷侑未・フェニックス 3万3500点/+13.5
3着 沢崎誠サクラナイツ 2万4800点/▲15.2
4着 小林剛・パイレーツ 2100点/▲57.9

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +201.9(8/12)
2位 U-NEXT Pirates +119.1(8/12)
3位 渋谷ABEMAS +66.3(8/12)
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲128.6(8/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲65.0
6位 TEAM雷電 ▲86.8
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ4日目」

KADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates

2019ファイナルシリーズは、セミファイナルシリーズを勝ち抜いた
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
UーNEXTパイレーツ
による直接対決!

セミファイナルシリーズのスコアを半分持ち越し4チームによる計12戦を行い、優勝チームが決定します。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ4日目

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!