瑞原明奈、巧みな押し引きで、パイレーツに3勝目を持ち帰る!!フェニックス追撃戦開始!!

瑞原明奈、

巧みな押し引きで、

パイレーツ3勝目!!

フェニックスを追撃!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ4日目」の第1戦は、瑞原明奈U-NEXT Pirates)がトップを獲得。開局にドラポンの魚谷から、リーチで討ち取った瑞原はマンガンを積み重ねて盤石のトップ。魚谷が2着につけて、フェニックスとパイレーツがほぼ並びのポイント状況となった。

1回戦の対局者は、渋谷ABEMAS日向藍子KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎セガサミーフェニックス魚谷侑未、そして瑞原。

東1局、瑞原が切ったドラのを魚谷が鳴いてマンガンのテンパイ。そこへ親の瑞原がリーチで切り込む。待ち牌のは薄かったのだが、魚谷が最後のを掴んで瑞原に放銃。ピンフ・ウラ1の5800点。瑞原が開局を制する。

しかし魚谷も負けてはいない。同2本場、タンヤオ・ドラ3を内川から討ち取って8000点。失点の回復に成功。

東4局3本場は瑞原と日向のリーチ合戦。ドラで南家の瑞原は待ちのノベタン。追いかけた西家の日向はカン待ち。

終盤に魚谷がツモ回避のチーを入れると、瑞原のツモ筋にいたが日向の手に。結果、リーチ・ドラ2・赤1の8000点で、瑞原がリードを広げる。

南3局2本場には、瑞原は自風のを仕掛けて、内川からドラを討ち取って・ドラ3のマンガンを上乗せして盤石のトップに。

南4局1本場は、魚谷が鳴いてイッツー・ドラ1・赤1の1000・2000をアガって2着をキープしてゲームセット。

ファイナルは半ばを超えて、フェニックスとパイレーツの2チームのマッチレースの様相を呈してきた。

勝利者インタビューで瑞原は、
「このMリーグはトップになかなか手が届かないので、なんて言葉にしていいかわからないくらい嬉しいです。ただ、まだまだファイナルの闘いは続きますので引き続き、パイレーツの応援をよろしくおねがいします!
と語った。

【Result】
1着 瑞原明奈・パイレーツ 5万7200点/+77.2
2着 魚谷侑未・フェニックス 3万100点/+10.1
3着 日向藍子・ABEMAS 1万4000点/▲26.0
4着 内川幸太郎サクラナイツ ▲1300点/▲61.3

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +188.4(7/12)
2位 U-NEXT Pirates +177.0(7/12)
3位 渋谷ABEMAS +6.7(7/12)
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲113.4(7/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲65.0
6位 TEAM雷電 ▲86.8
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ4日目」

KADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates

2019ファイナルシリーズは、セミファイナルシリーズを勝ち抜いた
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
UーNEXTパイレーツ
による直接対決!

セミファイナルシリーズのスコアを半分持ち越し4チームによる計12戦を行い、優勝チームが決定します。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ4日目

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!