トップ目・滝沢和典の選択やいかに 後半戦のMリーグは特に南場に注目だ【Mリーグ2020観戦記12/21】担当記者:東川亮

トップ目・滝沢和典の

選択やいかに 

後半戦のMリーグは

特に南場に注目だ

文・東川亮【月曜担当ライター】2020年12月21日

大和証券Mリーグは、今週月曜・火曜の第1回戦で各チームがレギュラーシーズン全日程の半分を消化する。

まだ半分、もう半分。

考え方は人それぞれだが、ここからは1戦ごとに試合の結果が重みを増すのは間違いない。

その重圧の中で、選手たちがどのような選択を見せていくのか。

特に、南場で各選手がどう打ち回すのかは、これまで以上にさまざまな思惑が絡んでいくだろう。

第1回戦

東家:園田賢赤坂ドリブンズ

南家:堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ

西家:瑞原明奈U-NEXT Pirates

北家:滝沢和典EX風林火山 

東場は、4度の満貫が飛び交う打撃戦となった。

東1局は滝沢がポンから仕掛け、早々にテンパイ。

ドラドラ赤で打点は十分だ。

そこに親の園田がダブ後付けで追いつく。

園田としても、親番は簡単に落としたくない。

そこに掴んだロン牌

二つ鳴いている滝沢の最終手出しがということでそばの牌のリスクは高く、しかもは通っており、は相当な危険牌だ。

 

園田の選択は勝負。

これが滝沢への8000点放銃となった。

もしチームのポイントに余裕があったなら、このを止める選択もあったかもしれないが・・・。

堀の満貫ツモで迎えた東2局1本場

瑞原がオタ風のをポン。

マンズとピンズの中張牌がバラバラと切られており、国士無双が否定されたなら、ソーズのホンイツと見るのが自然だろう。

 

瑞原に注目が集まる中、滝沢にテンパイが入る。

待ちを選べたが、いったん単騎に受けて変化を見据えると、を引いて待ちのリーチをかけ、自らツモって2000-4000。

着実にリードを広げていく。

東4局は、2人に役満の予感漂う手が入る。

 

瑞原はがトイツで、を引ければ小四喜・大四喜が見える形。

はすぐにポン。

次巡はが重なるが空切り、役満は残しつつ、ピンズの一色手を本線に見ていく構えだろうか。

堀はマンズの一色手に向かうと、順調過ぎるくらいに手が伸び、なんと九連宝燈のイーシャンテンに。

仕掛けてもチンイツ赤のハネ満から、という勝負手だ。

 

巡目が進み、瑞原がをポンすると、打ち出されたを滝沢が鳴いてテンパイ。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!