藤崎智、巧みなゲーム回しで2勝目獲得!! 麻雀格闘倶楽部は、プラス圏へ浮上!!

藤崎智、

巧みなゲーム回しで

2勝目獲得!!

麻雀格闘倶楽部は、

プラス圏へ浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020の開幕32日目、第1戦は藤崎智KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。試合は藤崎が得意とする僅差の争いとなる。藤崎は鳴き仕掛けの2度のアガリで効率よくトップを奪取。2勝目を獲得して、チームはプラス圏へ浮上した。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠TEAM雷電黒沢咲、そして藤崎の4名。

東3局、親の藤崎がをポン、チーしてのシャンポン待ち。南家・黒沢からを討ち取って2900点。

南1局、南家の沢崎がでチー、再度でチーして456のサンショク・赤2のカン待ちテンパイ。藤崎が沢崎の切ったドラのをポン。ここに3着目の黒沢からリーチが入る。そして黒沢、一発ツモ! チートイツ・ウラ2の12000点。一気に黒沢がトップに立つ。

南2局、ラス目でもう親のない村上が、赤1の手を待ちでリーチ。これにトップ目に立った黒沢が、再びチートイツで追いかける。しかしこの局は村上に軍配が上がる。黒沢がリーチ・赤1・ウラ1の5200点に放銃して、トップは藤崎に。

オーラス、トップの藤崎が2万9000点。ラスの村上が2万1300点という大接戦。藤崎がを仕掛けて逃げにかかると、村上もポンで応戦。結果は村上が・赤1の2700点をツモアガり、3着に浮上して試合終了。藤崎が逃げ切って、自身の2勝目を獲得した。

藤崎はインタビューで、

「(微差のトップについて、忍者)らしいといえば微妙なところですが、結果は小さいですけどトップを持ち帰ることができてよかったです。ウチのチームを応援していただいているサポーターのみんさんにはハラハラさせて申し訳ないんですけど、今年はそこそこの位置にいられるので、良しとしてもらっていいと思います」

と語った。

【Result】
1着 藤崎智麻雀格闘倶楽部 2万8300点/+48.3
2着 黒沢咲・雷電 2万4800点/+4.8
3着 村上淳・ドリブンズ 2万4000点/▲16.0
4着 沢崎誠サクラナイツ 2万2900点/▲37.1

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +278.9(32/90)
2位 赤坂ドリブンズ +253.8(31/90)
3位 EX風林火山 +228.5(32/90)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 19.2(31/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲179.9(32/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲180.1(32/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲207.2(31/90)
8位 KADOKAWAサクラナイツ ▲213.2(31/90)

「大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vs雷電」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」 11月27日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!