岡田紗佳、不安を払拭する連続一発!! 重ねた修練が見事結実!!

岡田紗佳、

不安を払拭する連続一発!!

重ねた修練が見事結実!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕式・開幕戦が行われたこの良き日、その第2戦は岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得した。開局から連続して一発のアガリを決めた岡田が終始リード。ラス前のアガリで勝又を突き放し、0.4ポイント差で逃げ切って初勝利を手にした。

開幕第2戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部藤崎智TEAM RAIDEN/雷電・萩原聖人EX風林火山勝又健志、そして岡田紗佳の対局。

東1局、岡田はリーチ・ドラ1の手を親で仕掛けていた勝又から一発で討ち取り、まずは5200点を獲得する。

次局、迎えた自身の親番でリーチ・一発・ツモ・ピンフ・赤1の4000オールを決めて頭一つ抜け出す。

同1本場は、勝又が仕掛けて役牌・ホンイツの1000・2000で岡田の親を落とす。

勝又は南場の親番で、をアンカンしてリンシャンカイホー・ツモ・ドラ1の4000オールをアガって2番手につける。

南2局5本場、萩原が赤2の手で待ちのリーチをかけると、岡田が3つ仕掛けてタンヤオ待ちテンパイを果たす。

さらに勝又も自風アンコの単騎待ちテンパイ。そして藤崎はをポンして役無しの形式テンパイ、待ち。

しかしなんと、アガったのは藤崎。萩原がツモ切ったハイテイ牌はホウテイ・赤1の2000点のアガリとなった。

岡田はラス前にも、リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1の5200を決めて1位をキープ。

オーラスは勝又がタンヤオ・ドラ3・赤1のマンガンをツモって、岡田に400点およばずの2着を決めて試合終了。

岡田が1戦目の二階堂に続き、女流プロの2連勝となった。

 

岡田はインタビューで

「初日なのでしっかりした気持ちで戦えるか不安でしたが、なんとかトップで終えることができてめちゃくちゃホッとしてます。今シーズン、しっかり戦ってポイントを持ち帰れるような選手になりたいと思ってます」

と語った。

【Result】

1着 岡田紗佳サクラナイツ 4万400点/+60.4
2着 勝又健志・風林火山 4万0000点/+20.0
3着 藤崎智麻雀格闘倶楽部 2万2800点/▲17.2
4着 萩原聖人・RAIDEN/雷電 ▲3200点/▲63.2

【Total】
1位 EX風林火山 +77.9(2/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +14.6(2/90)
3位 U-NEXT Pirates ±0.0(0/90)
3位 渋谷ABEMAS ±0.0(0/90)
3位 セガサミーフェニックス ±0.0(0/90)
3位 赤坂ドリブンズ ±0.0(0/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲36.2(2/90)
8位 TEAM雷電 ▲56.3(2/90)

「大和証券Mリーグ2020 開幕式&開幕戦」

「大和証券 Mリーグ2020」 ついに開幕!!
8チームのプライドをかけた戦いの火蓋が切って落とされる。
開幕戦は、KONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

KONAMI 麻雀格闘倶楽部
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券Mリーグ2020 開幕式&開幕戦

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!