滝沢和典、イケメン親倍ツモ炸裂! トンパツで勝負決めた!

滝沢和典、イケメン親倍ツモ炸裂!
トンパツで勝負決めた!

10月16日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
1回戦は、EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)が、開局の親番で大量得点をゲットしてトップを獲得。もう少牌とは言わせないぞとばかりの、自身2勝目を飾った。これによって、EX風林火山はトータルでプラスにポイントをのばした。

対局者は、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)、そして滝沢。

この対戦の焦眉はいきなり訪れる。東1局の滝沢の親番。

瀬戸熊のカンによって、とドラは3枚めくれている。

12巡目に滝沢がリーチをかける。

これを17巡目にツモアガリ、裏ドラは乗らずとも堂々親の倍満・8000オール!

東2局ではピンフ・赤1を6巡目にリーチをかけると、同巡にテンパイが入った瀬戸熊が滝沢のアガリ牌でリーチ宣言。マンガンを上乗せし、トップを盤石のものとした。

滝沢は勝利者インタビューでは「チームが(トータルで)プラスになったのでほっとしてます。(8000オールについて)ドラ4になった時点でヤミテンも考えましたが、瀬戸熊との一騎打ちならリーチかなと選択したら結果うまくいきました。」と語った。

【Result】
1着 EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)5万4100点/+74.1
2着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)3万0200点/+10.2
3着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)2万4200点/▲15.8
4着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)▲8500点/▲68.5

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +371.8(13/80)
2位 赤坂ドリブンズ +96.0(11/80)
3位 EX風林火山 +9.0(9/80)
4位 セガサミーフェニックス ▲6.1(6/80)
5位 U-NEXT Pirates ▲19.6(14/80)
6位 TEAM雷電 ▲193.1(9/80)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲258.0(14/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsABEMASvs雷電

【関連記事】
俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】
ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】
狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】
“多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】
白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】
麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】
私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】
まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】
身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」