日本で一番叩かれるプロ雀士・萩原聖人は小島武夫を超えられるのか【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介

熱論!Mリーグ【Tue】

日本で一番叩かれる

プロ雀士・萩原聖人は

小島武夫を超えられるのか

文・梶谷悠介【火曜担当ライター】2018年11月13日

『魅せる麻雀』

という言葉は故小島武夫プロの雀風を表すものだった。

高い手作りをして豪快にアガる麻雀は観ているファンを喜ばせ、その明るい人柄と相まって愛されるキャラクターを作っていった。

プロはファンありき

その考えを誰よりも大事にしていたからこそ、麻雀界を代表するプロであり続けたのだろう。

ここにもう一人『魅せる麻雀』を信条とするプロがいる。

萩原聖人プロである。

「麻雀を五輪種目に」

萩原は大真面目にそう語る。そのためにはネガティブなイメージを変えなければならない。ネガティブなイメージをポジティブにするにはファンが感動するような麻雀を見せなければならない。

萩原にとってプロとは、単に勝ちにこだわる競技者ではない。ファンを魅了し、麻雀の面白さ、素晴らしさを伝えていける者こそがプロとしてのあるべき姿である。

萩原にとって『魅せる麻雀』とは?

「一言でいえばスゴイと思わせる麻雀を打つこと」

「決して役満とか派手なアガリばかりではなく、1000点をアガるために親のリーチに無筋をバンバン切り飛ばしてカンチャン待ちをツモったとか、プロ同士のヒリヒリするせめぎ合いを見せること。」と氏は語る。

そう、萩原にとって尊敬する小島プロとは意味合いが少し違うのである。

「魅せる麻雀も進化しなければならない」

打点の高い派手な麻雀は確かに見栄えは良い。だが麻雀が五輪種目に認められるためには競技としての中身が必要不可欠となってくる。

例えばボクシングで派手なKOシーンばかり見せられてもそれはただのショーである。観客はそれだけを求めているわけではない。高い技術の攻防だったり、逆境から這い上がる人間ドラマを見て人は感動する。それがボクシングに存在するからこそプロスポーツとして高い地位を確立しているのである。

麻雀にもギャンブルではない競技としての本質があり、そこに大きな魅力がある。そう信じてそれを伝えていく場が萩原にとってのMリーグなのである。

麻雀のファンも昔と違い大きくレベルが上がった。情報発信も容易にできるようになった。ミスを1つしようものなら即叩かれる時代である。それを理解しつつ、おもしろい麻雀を打つのは大変に勇気のいるものだと私は思う。

前日ラスに沈んだ試合後インタビューで、

「迷走しそうになったんですけど、正面突破目指します。」

と答えた萩原は、結果が出ずスタイルを崩しそうになったが、本来の形でまた攻めますと語っているように聞こえた。

『魅せる麻雀』も結果が伴わなければその説得力を失う。萩原がどのような戦いを見せるか、これで注目しないわけがない。

起家 萩原聖人 (雷電)

南家 白鳥翔 (ABEMAS)

西家 茅森早香 (フェニックス)

北家 鈴木たろう (ドリブンズ)

東1局0本場

違う…

親の第一打に心の中で叫んだ。

これほど配牌が整っているのなら第一打はだ。切る巡目が遅くなるほど鳴かれるリスクは上がる。局を軽く流されないためにもどうせいらないのならできるだけ早く処理したほうがいい。

それには重なったときに有効牌として使える。

萩原の麻雀は意志の麻雀だ。一打一打にその手の理想を思い描く。だがそのせいで理想に不要な牌の扱いに丁寧さを欠くことがある。

上家からが出たがスルーしている。

次巡も出ているがやはりスルー。

やはり門前へのこだわりがあるのか。

 

東3局0本場

ドラがということで打としたが

直後に赤を持ってきてしまい、

さらに間の悪いことにと捨て牌に並べてしまう。構想とツモがマッチしない。

 

東4局0本場

捨て牌にと先打ちしているが、先に危険牌を処理することで後半に押し返しやすくするのが狙いだ。

どうしてもMリーグでは先手を取られ間に合っていない局面が多かったが、そうした経験を踏まえ対応しているように感じた。

ここは先制リーチを打つと

たろうから追っかけリーチを受けるものの

満貫を出アガることができた。

 

南1局0本場

2着目になり迎えた親番。トップを狙うならここでもう一アガリを決めたいところだ。

萩原はここから打とする。

ん?打

これは私も含め首をかしげた視聴者も多かっただろう。

トイツ4組でチートイをみるなら

、面子手に決めるなら

両面固定の打とするのが自然だ。

おそらくだが、萩原はこの手の理想を678の三色にみたのではないか。

マンズをと持っていては後に両面変化する牌を引いたときに、マンズを2枚余らせることになってしまう。

例えばツモと切る必要がある。だが先にカンチャン固定しておけば両面変化後も切る牌は1枚でいい。将来最も危険になりそうなマンズターツをスリムに構えることで、後半に押し返しやすくしたのではないだろうか。

前局もそうだったが、「正面突破」とは門前で後半に押し切るという意味だったのだろうか。だとすれば萩原はかわす手を捨てている。

 

南3局1本場

ここはチートイツ固定の打としている。

を鳴く気などさらさらない。チートイが唯一トップ目からの直撃が狙える手順ということだろう。

しかし親の茅森からリーチが入ると

萩原も追いつきテンパイを維持するが、茅森の6000オールが決まってしまう。

「南3局でトップまで2万点差…こうなっては2着固めをするしかない」

私ならそう考えただろう。だが萩原はまだトップを諦めていなかった。

 

南3局2本場

茅森と白鳥の2軒リーチに挟まれ、

さすがに攻めきれずを抜く。

本来なら上位のリーチに真っ向勝負するところを見せたいはず。だがそれができない。視聴者も無謀な勝負をする姿がみたいわけじゃない。

 

南3局3本場

萩原にチャンス手が入る。

小島流魅せる麻雀なら打として

この手のMAXであるツモの豪快なタンピン三色赤赤を狙うだろうか。

だが萩原流魅せる麻雀は打だ。

不確定の三色よりノーチャンスのを安全牌代わりに持って反撃の構えを作っておく。

10巡経ってもテンパイが入らない。感情はあえて表現するようにしているのか気になるところだ。役者なだけに。

茅森から先制リーチが入る。

これは逆にチャンスだ!

よし、入ったリーチ!!

千載一遇の好機で魅せることができるか。

だが現実はなかなか理想通りになってくれない。

茅森が満貫をツモってこの半荘は勝負あった。

また魅せることができなかったか。

勝負に負けた悔しさよりも逆転する熱い展開を視聴者に見せることができなかった悔しさが勝ったに違いない。

 

南4局0本場

萩原は満貫をツモり2着に浮上する。

だがその表情は

落胆しきっていた。まるで2着確保のアガリをするしかないとは情けないと言わんばかりに。

この日、萩原は1度も鳴いていない。まるでMリーグの開幕の頃に戻ったようだ。自身の理想の麻雀を取り戻そうと奮起したが、勝ち切ることができなかった。

麻雀とは妥協のゲームでもある。トップが無理なら2着、2着が無理なら3着、3着が無理ならラスのマイナスを少しでも抑えるように打たなければトータルで勝ち越すことは難しい。頑なに理想を追い求めることは、ある意味ゲームの本質から外れた行為でもある。萩原はそれを強い意志の力でやってのけようとしている。今は現実という壁に跳ね返され悩み苦しんでいるが、いつか乗り越えて強い萩原が帰ってくることを期待している自分がいる。

月並みだが、次回の麻雀も楽しみにしています。

1位:茅森(フェニックス)+69.4

2位:萩原(雷電)+5.6 

3位:白鳥(ABEMAS)▲17.2 

4位:たろう(ドリブンズ)▲57.8

梶谷悠介

最高位戦日本プ麻雀協会所属。HNツケマイとして天鳳やブログで一時話題となる。去年パパと麻雀プロに同時なった男。最高位とMリーガーを目指して連続昇級中。

【関連記事】
テッペンは見えているか? 寿人、朝倉、亜樹、黒沢それぞれの「Mリーグ坂」【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司
ノストラダムスでも予言できなかった19年後の二階堂亜樹【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
インチキ観戦記者にライバル出現 その名は『熱闘!Mリーグ』!【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲
最年少Mリーガー松本吉弘へのジェラシーが止まらない件【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗
決戦は「金曜日」!パブリックビューイングで 輝くMスターは誰だ⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio
魔法が解けた高宮まり その時、狂戦士は少女になった【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー
油断したら噛み殺す!天才・茅森早香は猫を被った女豹【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司
負けても負けても、白鳥翔が飛び続けなければいけない理由【熱論!Mリーグ】
魚谷侑未の“90度”マーメイドは麻雀を愛してくれているのか【熱論!Mリーグ】
亜樹&タッキーの「王道の麻雀」と「顔芸」で勝つ!風林火山の侵略計画【熱論!Mリーグ】
それいけ!ぼくらの…村上、石橋、黒沢、亜樹 あなたの推しキャラは?【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹の光と影 “打者一巡”したMリーガーたちの変化 【熱論!Mリーグ】
これが恋なのか… やられても不死鳥の如く蘇る近藤誠一に魅せられて【熱論!Mリーグ】
変幻自在の鳴きで卓上を駆けるマジシャン その名は園田!【熱論!Mリーグ】
卓上のMリーガーも空を切った 豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”【熱論!Mリーグ】
進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と 軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】
俺を止めたいなら 核ミサイルでも落とせ! 佐々木寿人は攻撃をやめない【熱論!Mリーグ】
“踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い! 石橋伸洋で楽しむ方法 【熱論!Mリーグ】
Mリーグ初役満を無視して考えた。パブリックビューイングは誰のもの?【熱論!Mリーグ】
死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】
“ずるごー”は健在だった 小林剛率いる 海賊たちの点棒略奪劇!【熱論!Mリーグ】
Mリーグの魔物がもたらした萩原聖人の変化【熱論!Mリーグ】
近藤誠一徹底分析 「事務局の人」から「卓上の阿修羅」へ【熱論!Mリーグ】
高宮まり、魚谷侑未は “亜樹・黒沢”世代を 超えられるのか【熱論!Mリーグ】
女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】
もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】
俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】
ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】
狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】
“多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】
白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】
麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】
私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】
まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】
身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」