身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Thu】

身内がMリーガーになった件

二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2018年10月4日

 

10月4日(木)に行われた、大和証券Mリーグの観戦記をお届けいたします。全局分ではなく、特に印象深い局をハイライトでご紹介いたします。なお、弟である朝倉康心のMリーグデビュー戦が、私のMリーグ観戦記初戦と重なりました。事実は小説より奇なり、ですね。

まずは1回戦。

東1局 東家・朝倉の親リーチを受けて、二階堂の手牌。

二階堂はここから打を選択。親が2巡目にを切っているので、は比較的安全。また、を切っての変化待ちは、手がわりしたときにマンズが余ってしまう。

愚形での親リーチ勝負を避け、の変化を待ちながら、場に安いピンズにアガリを求めた柔軟な一打だ。

その後、を持ってきて連打。は朝倉のアタリ牌である。守備力に定評のある二階堂らしい見事なプレイだった。

東1局は朝倉の1人テンパイで流局し、続く東1局1本場は、

朝倉自らが「1番好きな牌」というで4100オールのツモアガリ。相変わらずデジタルなのかオカルトなのかよくわからないへんなやつである。

続く東1局2本場。二階堂にチャンスが訪れる。好配牌からを暗カンして、

3巡目にこの形でリーチ。

そこに立ち向かっていったのが白鳥であった。

ション牌の、筋ながらもドラのと押して現物の待ちでタンヤオ三色赤の満貫のテンパイ。さらにと鬼神のごとく押しつづける。

二人のめくり合いで決着がつくと誰もが思ったそのとき、意外な人物が割り込んできた。

前原である。

前原はイーシャンテンになった11巡目に少考してを切っていた。このとき、カン ペン、それぞれの待ちでテンパイしたら、リーチに踏み切るかどうかを思案していたのではないだろうか。

果たして12巡目にカンで追いついた前原、

得意の「がらくたリーチ」で追っかけリーチに踏み切る。


先行リーチの現物である。2枚切れであろうと山にいる、と読んで勝負に踏み切ったのだろう。

3人のめくり合いの結果は…

「ギャーーーーーーーーーーーー!!」

実況席とお茶の間に悲鳴が響きわたった。まさかの前原一発ツモ。裏も1枚乗って2200-4200のアガリ。

がらくたリーチおそるべし。

次のハイライト、東3局は白鳥のこの手牌、

ドラのがトイツの手。2巡目にを鳴いた白鳥が選んだ打牌は…

1枚切れの

トイトイ1本に決め打ち手するは、いかにもドラの対子が匂ってしまう。ドラの香りを隠しつつ、浮いているが横に伸びた場合には、メンツ手もにらんでいたのだろう。

少し進んでこの牌姿から、


ストレートにを切っていった。親の下家であるここは、ラス目二階堂の親を流す手としたのであろう。

ここに前原のリーチが飛んでくる。

この先切りが何ともにくい。からポンして、バックにとらない、と考えると当然なのかもしれないが、ポン後のを出やすくする効果と、

門前でリーチ出来た際に、こうして先切りを見せておくことによって、前原のリーチは何でもある、という意識を相手に持たせる効果がある。

どうせ、がらくたリーチの愚形だろ、と思って軽い気持ちで押したら良形にささる。

逆に、リーチにオリると愚形の押さえつけリーチだったりもする。

そうしていく間に、前原の術中にハマっていくのだ。

この局はけっきょく前原のツモアガリ。三人には、迷彩を施してある前原の良形リーチの残像が焼き付いたことだろう。

東4局。前原とのリーチ合戦を制して4000オールをツモアガった白鳥。6巡目にを両面でチー。

さて、何を切っただろうか?

白鳥の選択は打。心理的にドラ側のをいち早く切りたくなるが、これもドラトイツの匂いを出来るだけ消す作戦。

次にを引いてもツモ切り。次にを引いて安全度の高いを残して切りとした。
実に繊細な打ち方だ。

ここに立ちはだかったのが…もう言わなくてもお分かりだと思うが前原である。

白鳥のバックを読んで、テンパイまでを絞ってのリーチ。このリーチの過程にも前原のリーチ戦術が垣間見える。

実は、白鳥の仕掛けが入る前からを先切りしている。こうしておくと、3分の1で先切りしてある良形リーチ、3分の2の確率でがらくたっぽさのある愚形リーチになる。

得意パターン2つの兼用の先切りなのだ。もちろん、絞る目的や、守備駒を残す目的にも使える。

をポンして待ちで真っ向勝負をした白鳥。

結果は…

前原からを討ち取った白鳥の勝利。

南1局 ここまで苦しい展開の二階堂、リーチをしている上家の前原からが出た。

これをチー。リーチ者が上家にいるため、このあとチーがしやすいのも魅力。ここは前に出る一手。

を引き入れて、タンヤオ三色赤ドラの満貫テンパイ。ここは、勝負。

…通った。

が、無情にも、前原の当たり牌であるを掴んでしまう。厳しい展開だ。

南2局には白鳥の守備が光った。

前原の親リーチを受けて、この手格好。

白鳥が選んだのは。前原は、と手出ししてリーチ。を先に切る余裕がある、比較的整った手だと読める。

そのマタギのを切りたくなるところだが、Mリーグは赤アリ麻雀。からの先切りはよくあること。逆に言うとこの場合にで打つと、が絡むことが多く、打点がついてきてしまう。

ここは、当たったときに単純な両面待ちだった場合ドラのを持っていないことになる、を打って放銃時の打点を低くおさえようとしたのであろう。

二階堂が七対子で追いついて2者のめくりあいになったものの、流局。

続く南2局では白鳥の攻めが冴える。

白鳥はここからをポン。トップ目でなかなかこのに声が出ないものだが、リーチを打って無防備になりたくないこの局面。ひとまず役を確定させておいて、スムーズな進行を見せたときアガれるルートを確保した方がよい。

この白鳥の仕掛けに対応したのが朝倉だった。

前巡前原が切ったに合わせて打。白鳥の仕掛けも対応込みで、での出上がり率アップを狙った一打だったが、皮肉にも次のツモが。ドラ3赤1のテンパイを逃してしまう。

結果、このテンパイを入れた白鳥のアガリ。朝倉の大物手を潰す、最高の結果となった。

この後、二階堂が溜飲を下げる親の満貫をツモって、2 3 4着が比較的僅差になったオーラス。

前原が、


ブロックが決まったので、を先に処理。

そのときの下家、二階堂の手牌が


この形だったが、片アガリを嫌ってをスルー。

すると、


なんとすぐに自力でピンフドラドラ、高め一通のテンパイを引き入れる。

数巡後、

白鳥のもとにが。ここまで我慢した二階堂に女神が微笑んだ…

かと思いきやなんと白鳥、このをとめてオリにまわる。巡目が深くなってきたことと、前巡の朝倉の手出しに対応したのであろうが、なかなか止まる牌ではない。終盤に甘い牌は出さない、という白鳥の高い守備意識に脱帽である。

このビタどめによってこの局はもつれる。

まずは朝倉が高め三色で、トップ逆転までみえるリーチ。

当然、二階堂も朝倉からの直撃を狙って追っかけリーチ。

さらには追いついた前原もリーチ。

オーラスにふさわしい派手な三人リーチとなった。

結果は…

朝倉が前原から、リーチ赤裏の5200出アガリ。

前原はラスとなってしまった。

赤アリ麻雀に対応した高い守備力が特に光った白鳥がトップ。2着が朝倉。終始厳しい展開を耐えた3着が二階堂。前原が4着。

 

初めて会ったのは駅のホームだった。耳にはイヤホン。携帯に視線を落としながら、彼は柱に寄りかかっていた。ちょっと奇抜な服装を除けば、いわゆる普通の若者。

近寄って声をかけるときに、ふと携帯の画面が目に入った。そこに映っていたのは、

麻雀の対局動画だった。

四六時中、麻雀のことを考えているのだなぁと思ったことは今でも鮮明に覚えている。

 

ニヤけすぎちゃうかー。

 

 

2回戦は
パイレーツ→小林剛 麻雀格闘倶楽部→佐々木寿人 風林火山→二階堂亜樹 アベマズ→松本吉弘
の対戦。

東3局。ここまで終始守備に回っていた二階堂が、佐々木のホンイツとのめくりあいに勝って4000オールのアガリ。

このときの表情がとても印象的だった。1半荘目、3着に耐え抜いて、やっと決めた渾身のアガリ。
ゆるんだ表情はとても可愛いものだった。

これで解き放たれたのか、二階堂は次局、


松本とのリーチ合戦を制し、メンタンピン一発ツモ赤ドラの6100オールのアガリ。

小林コンピューターも今日はお休み気味。このままま二階堂が独走するかに見えた南1局4本場(供託2本)。

親の小林が切った2枚目のドラに松本が反応した。

カンチャンで鳴いて打。供託が多いことに加え、ドラを切ってきた速そうな親の小林と速度を合わせに行く。鳴かれる方が上家の小林も嫌であろう。

小林の親リーチがかかるも、この仕掛けが功を奏して、

佐々木から3200のアガリ。リーチ棒3本もゲットして、3 4着と少し離れた2着目に。

松本と打ったときに感じたが、松本はツモモーションに勢いがある。同卓者に威圧の風を感じさせる、そんなモーションである。

次局も松本の仕掛けが冴え渡る。


仕掛けたトップ目の二階堂がドラのを切ったのに合わせ打ちをした小林。松本は逃さずにチーして打

本人もインタビューで語っていたが、トップ目の二階堂は親のアクションに対して無理はしてこないことが予想される。それを逆手に取って足を止めつつ、タンヤオのアガリに向かって1手進めておいた鳴きである。

このあと、を重ねて打をチーしてテンパイ。二階堂はイーシャンテンでをつかんでしまう。

結果は松本のツモアガリ。戦略的な駆け引きも得意分野であることが証明された。

勢いに乗る松本。次局、カン待ちのタンヤオを思い切りよく即リーチ。見事ツモ。裏も乗って4000オールのアガリ。

3 4着目の悲壮感ただよう表情…

さらにこのあと決定的な場面が。

なんとか逆転したい二階堂が先制リーチ。

これに対して盤石のイーシャンテンだった松本が追っかけリーチ。

それを受けた佐々木の手牌、

ここから佐々木はを切る。

これはさすがに淡白なのではないだろうか。確かに国士無双のイーシャンテンで、自分は今点棒が無い状況で一発逆転を狙いたいのは分かる。

しかし、だけでなくも通っていない。また、自分がアガるには以外にもこれから引いてくる危険牌を通して、他の2者のめくりあいでアガリが発生せずに、自分がテンパイを入れて、そこから3者のめくりあいに勝たねばならない。
厳しすぎる道のりだ。

結果、松本に親満の放銃。

先は長いとはいえ、リーグ戦の中での-12.9pは決して軽くない。

この後、華麗な差し込みも決めて、松本がトップ。2着が二階堂。3着が小林。4着が佐々木となった。

今日の結果がこちら。インタビュー時にチームメイトの絆が固いと語るアベマズが3連勝で首位となった。

こう長々と偉そうに語ってきたが、1つ意図が汲み取れない場面があった。

1戦目の東4局 前原の先制リーチと白鳥の追っかけリーチに挟まれた、朝倉の切り番。

朝倉はここから打

考えられることとしては、まずソウズは消去。次に字牌だが、前原は

ここで長考してを切っていた。朝倉はそれを記憶していて、字牌が待ちに絡んでいるのを読んだのだろうか。

そしてピンズを選ぶ中で、リーチ者二人とも第1打がであり123の三色はない。よって白鳥が待ち愚形で前原のリーチに最初からツッパっているはずがなく、前原に手役の絡まない範囲で当たっても安くなるようにを打ったのではないか。

20年以上前、私と朝倉は、親父との家族麻雀で麻雀を覚えた。メンバー経験者の親父は手加減無しで打っていたので、よく親父のリーチを受けたものだった。

二人ともルールを覚えて3ヶ月ほど。私は安全牌を抜いて必死にオリていたが、朝倉は通ってない牌を切ることが多かった。

親父「お、強いな」

朝倉「こんなの読んだら通るやろ」

あの頃感じた差は、今になっても広がる一方なのか…

試合中にもかかわらず、私はモニターの前で情けなくて泣いてしまった。

2018年 10月5日 ゆうせー

 

ゆうせー

京都大学法学部卒の現役塾講師でありながら雀荘の店員もこなし、麻雀強者が最も集まる人気オンライン対戦麻雀「天鳳」でも全国ランキング1位(鳳南2000戦安定段位ランキング2018年5月現在)、麻雀界では知る人ぞ知る異才。「実戦でよく出る!読むだけで勝てる麻雀講義」の著書であり、Mリーガー朝倉康心プロの実兄。

大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvsPirates

【関連記事】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」