俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】




熱論!Mリーグ【Tue】

俺たちの恋人

二階堂亜樹と過ごす

史上最長の夜

文・ZERO【火曜担当ライター】2018年10月16日

 

史上最長の夜

朝晩めっきり冷え込むようになった。

しかし、昨日行われたMリーグの2回戦は、その寒さを感じさせないほど熱く、そして長かった。

全23局にも及ぶ戦いはMリーグ史上最長だろう。その熱くて長い戦いを、なるべくわかりやすく、そして熱く、お届けしていきたい。

東一局、親の瀬戸熊は

このカンのテンパイをとらず、を切った。すぐリーチを打つ人もいれば、瀬戸熊同様を切る人も多いだろう。

このような時の瀬戸熊の判断基準は「クマクマスイッチ」が入っているかどうかによる。

瀬戸熊直樹。

日本プロ麻雀連盟の最高タイトルである鳳凰位と十段位も3回ずつとっている。他にも獲得したタイトルは数知れず、連盟のエース的存在といえるであろう。基本に忠実に打っているように見えるが、時折スイッチが入ったように棒攻めが始まり、相手の心が折れるまで点棒をかき集める。その時間を人は「クマクマタイム」と呼んでいる。

今回の手牌、全体的にソウズが安い(相手に使われていなさそう)のもテンパイとらずを後押ししたのだろうと思う。

すぐにをツモってリーチするも、流局。

その後も重苦しい展開が続くが、瀬戸熊は細かいアガリやテンパイ料などを重ね、4本場まで続いた東一局が終わるころには、39600点まで点棒を集めていた。

東2局も園田から8000のアガリ。

捨て牌を見ての通り、早くてよい待ちで、いよいよ「クマクマタイム」に入るかと思われた。

その瀬戸熊の猛攻に待ったをかけたのが

ラス目で親番を迎えた二階堂亜樹だ。亜樹ちゃんの画像は貼れば貼るほどPVがあがるよ!と聞いたのでどんどん貼っていこうと思う。

二階堂亜樹。

女流プロの草分け的な存在。麻雀とは縁遠そうな愛らしいルックスでデビューし、すぐに人気爆発。日本中の麻雀打ちが彼女に恋をした。彼女をモデルにした漫画や映画もあり、その劇中でも描かれている通り、麻雀のために生まれ、そして麻雀に導かれるように生きてきた女性でもある。

私も例外ではなく亜樹ちゃんが好きだ。

なお、女の子に対し、抵抗なく「ちゃん」づけで呼ぶようになったら、おっさんの始まりだと言えよう。

おっさんの始まりの話はおいといて、亜樹の親の始まりは散々だった。

丁寧に上下を揃え、理牌をし、そしてゆっくり第一ツモを持ってくる。

やっとれるかーい!

役もない。ドラもない。卓をひっくりかえしたくなるような配牌。

しかし丁寧に字牌・端牌を処理していると、意外にも一番手でテンパイを果たしたのであった。

1枚切れているカンだが、リーチ。

いちいちかわいらしくて逆に腹が立ってくるが、まぁ親リーだし、みんなの足が止まればいいかな、という表情に見える。

しかし、同巡、園田が

マンガン確定の追っかけリーチ。さらに同巡

瀬戸熊もこの手牌で追いつき、トップ目でありながら超危険牌のを切ってリーチ。これは「クマクマタイム」中という認識なのだろう。

親リーチに追っかけるという事は、相応の打点や待ちであることが推測される。足止めリーチのつもりが同巡にその追っかけをくらうとはなんたる不運。知っている、経験上これはどちらかに確実にやられるやつだ。

しかし女神は…

女神に微笑んだ。

日本中が熱狂したに違いない。

続く一本場。

亜樹はここからドラのをリリース。

亜樹は過去に「ドラは恋人。だからこそ見切り時が大事。」という名言を残していた。

それにしても見切り早くないか?(笑)亜樹ちゃんシビア(>_<)

ただ、亜樹の重厚な打ち筋を知っている周りの打ち手に緊張感が走る。そう思わせといて、相手の進行を遅らせるのが亜樹の狙いなのだろうか?

亜樹の手牌は淀みなく進み、

をツモってのリーチ。

このリーチを受けての瀬戸熊の選択。

この手牌。ホンイツのリャンシャンテンだが、亜樹の捨て牌にソウズは一枚も通っていない。

あの亜樹が恋人であるドラを早めに見切ってのリーチ。自分の手は3900のイーシャンテン。しかし瀬戸熊は