“奇跡の四暗刻ツモ”その一部始終を見よ!新津潔が魅せた歴史的大逆転劇! 麻雀最強戦2020「キングオブ鉄人」観戦記【決勝卓】

“奇跡の四暗刻ツモ”

その一部始終を見よ!

新津潔が魅せた

歴史的大逆転劇!

麻雀最強戦2020

「キングオブ鉄人」

【決勝卓】担当記者:危険な鬼太郎 2020年3月28日(土)

長きにわたり、麻雀界を引っ張り続けた四者が残った決勝戦。いったい4人合わせて何個のタイトルを持っているのか?数えるのが面倒になるほど勝ちまくっている4者。

この対局で最強位というタイトルに挑む資格を得られるのはたった一人だけ。それは誰になるのか。

【決勝卓】

東家 新津潔(最高位戦日本プロ麻雀協会)

南家 古川孝次(日本プロ麻雀連盟)

西家 荒正義(日本プロ麻雀連盟)

北家 井出洋介(麻将連合)

東1局

リーチをしない男、井出が安定のテンパイからのヤミテン。

ドラののシャンポンでも井出はリーチを打たない。これが、

を引くまでリーチを打たない」

のならば私も良いヤミテンだと思うのだが、おそらく井出はを引いても意地でもヤミテンを維持するはずだ。

荒がこれに追いついてリーチ!

メンタンピン高目一盃口の申し分ないリーチだったが、これがもう山に僅かしか残っていない事は計算外。

これを受けて井出も追っかけリーチをするかと思いきや、ヤミテンを継続。無筋は打つけどもヤミテンは継続。

しかしを引き、打でテンパイを壊す。正直いって微妙で難しい選択だ。

確かにこのは荒のリーチにはキツイ牌には変わりないが、切るが通っているとはいえ、のワンチャンスの牌で絶対通る牌ではない。

ヤミテンにしたからには危険牌のを掴んだ以上、マンズで手を組みなおす必要があるように思えるし、マンズはを切っていてフリテンになりやすいのでを切るぐらいならを切ってリーチをしたほうがいいようにも見える。

これは超結果論だが、ドラのを引いてのアガリ逃しをしてしまった井出。とはいえ自分の手はフリテンとはいえの五面張。ツモれればよかったのだが…。

これが流局。井出にとってみれば痛恨の一局となった。

東3局

2半荘目にしてようやく井出が初リーチ!

流石に出アガリ2600のリーチは非効率が過ぎる。ドラが1個あれば井出はヤミテンにしての出アガリ5200、ツモってマンガンのヤミテンにしたとは思うが、いくらなんでもここはリーチだ。

山には残り2枚だったが、これをあっさりとツモ!リーチツモイッツーのマンガン!

大きなアガリだが、決勝戦はトップ目の点棒に合わせてみんなが打ってくる。安心するためにはまだまだ加点をしたいところ。

東4局

サーフィン打法とは何ぞや?と視聴者に思われかねない古川がテンパイを果たしヤミテン。

確定タンピン三色のヤミテン!トップ目の井出とはまだ1万点差しか離れていないので、ここは確実にアガって差を詰めたいところ。

このタンピン三色の待ちをすぐに新津がつかんで、古川に放銃。新津にしては痛恨の放銃。

南1局

古川がサーフィン打法の片鱗を1打目から見せる。

ここから1枚目のをリャンメンチー。麻雀界広しとはいえ、このをチーするのは古川ぐらいなものではないだろうか。

Mリーグでも知っての通り、古川の所属している日本プロ麻雀連盟はメンゼン手役型の選手が多い。だが、その中でも古川だけが鳴きを異常に使いまくる。時にはもう役が無い鳴きまでする。

現状チャンタしか手役が見えない手牌だが、この手牌の肝はが暗刻な点。他家からの攻めが来ても古川はあっさりとの暗刻落としをしてベタ降りをするだろう。鳴き麻雀は守備力が伴っていない選手には出来ない難しい麻雀だ。

チャンタとして役を確定させ、危ないリーチは極力しない。古川はカンも仕掛けてペンを見事ツモ!

チャンタのみの400-700だが、古川にしかアガれない形だ。

南2局

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!