“奇跡の四暗刻ツモ”その一部始終を見よ!新津潔が魅せた歴史的大逆転劇! 麻雀最強戦2020「キングオブ鉄人」観戦記【決勝卓】

井出がテンパイを果たす。

自分がトップ目とはいえ2着目古川とは1300点差。ここで突き放しておきたいところだが、井出にも心情がある。

切りのリーチも面白く見える。とりあえずリーチ一盃口の5200のテンパイだし、将来的にが4枚見えたらのノーチャンスを頼りにして他家のの降り打ちも狙えそうだ。

を切れば、ピンフイッツーのテンパイになるかもしれないが、テンパイを壊すほどでもないように見える。井出の選択は…。

ここは打のヤミテン。最後の最後までヤミテンを続ける井出。確かにここでの2600の出アガリも大きい。古川の親番も蹴って残り2局。十分なリードを持って南3局に迎えられる。

このペンを直接ツモ!ツモ一盃口ドラの1000-2000!

井出の選択に呼応するがごとく牌が手に寄って来る。残り2局。このまま何事もなくいけるか…?

南3局

親の荒がを暗槓した後に、ダンラスの新津の選択。

リーチか手を壊すかの選択。ここでマンガンをツモる事が出来ればオーラスには跳満ツモ条件が残る。きつい条件だが…。ここはドラの引きだけに懸けてリーチをしても良いとは思うが…。

ここは打。あくまでも678の三色を狙い、最低でも跳満の手順を残す手組。

「オーラス跳満ツモ条件なんて苦しすぎる。この局で跳満以上をツモアガリ、最低でもマンガンツモ条件にはしておきたい」

という新津の確固たる意志を感じる。それに呼応するがごとく牌は巡り、

なんと789の三色まで手が変わった。をツモって裏が1枚乗れば跳満でしかも裏ドラが2枚も見れる。

我慢し続けてここまでまった新津だが、惜しくもこれがアガれずに流局。

オーラスの条件は各々、古川は1000-2000以上のツモアガリ、荒はマンガンツモ、新津は3倍満以上のツモアガリという苦しい条件でオーラスが始まった。

南4局

この局は恐ろしいことにみんなが条件を満たした手を作った。

古川が七対子ドラドラのイーシャンテンから2フーロ

をポンしてのイーシャンテンに。もともとは七対子ドラドラのイーシャンテンだったが、ドラに頼るよりもに頼る選択を選んだ。

井出や荒がまっすぐに手を組めばは絞られず、自身のアガリも近づくとみての仕掛けだったが、この役牌のが荒の雀頭に組み込まれており、現状アガリは厳しい。

見事にのツモ直条件の手を作るものの、これが現状山にはない。

次に条件を満たした手を作ったのが荒。

古川がドラのを切った直後にを重ねてのシャンポンテンパイ。ドラの直撃かツモだと逆転する手にはなるが…。これも現状山にはない。井出の手牌にこのがあったが

荒の手出しを見ての合わせ打ち、もう井出からはこのドラのは絶対に出ない。荒の待ちは無い。

そして次に条件を満たしたのがなんと新津。

執念の四暗刻のテンパイ。ツモればもちろん文句なしに大逆転の手牌だ。

新津の四暗刻は1枚だけ山に残っている。

じっくりと1枚ずつツモってくる新津。

まさか…。

そんな事が!!

新津の四暗刻ツモアガリの大大大逆転!

8000-16000のアガリ!

この時の井出の

何とも言えない表情が胸に刺さる。あと一歩で優勝できたはずの半荘。それがまさか四暗刻に敗れるとは…。

伝説に残る半荘を制したのは新津潔!!!

対局中は鬼のような顔をしていたのに

対局が終わるとまっすぐな笑顔を私たちに見せてくれた。本当にしびれるアガリを私たちに見せてくれた。

今年になってまだ最強戦は2回しか行われていないが、その2回とも内容が濃すぎる。これだと3回目のハードルが上がってしまうが、きっとこれ以上のドラマが待っていることだろう。

改めて新津潔プロ。ご優勝おめでとうございます!耐えに耐えての大反撃!とても感動的なアガリでした!

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!