日向藍子、6万点越えの大トップ!! 3勝目を手にして、松本のリベンジに成功!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

日向藍子、

6万点越えの大トップ!!

3勝目を手にして、松本の

リベンジに成功!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の68日目、第2戦は日向藍子渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。あふれる手材料を駆使して、日向が点棒を大量収集。5回のアガリで6万点越えの大トップを手にして、個人3勝目。初戦の松本の仇を討った。

第2戦の対局者は、TEAM RAIDEN / 雷電・萩原聖人BEAST Japanext中田花奈U-NEXT Pirates鈴木優、そして日向の4名。

東1局、北家の日向が【北】【中】【發】と鳴いてハネマン確定のカン【7ソウ】待ちのテンパイ(ドラ【發】)。鈴木のマンズのチンイツとの闘いとなったが、結果は日向のツモアガリ。3000・6000でまずは日向がリードを奪う。

つづく東2局、日向が6巡目リーチを一発ツモ。赤1・ウラ1の2000・4000で連続アガリを決める。

日向のリードのまま、南1局にはリーチの中田からピンフ・ドラ1の2000点をアガって日向が局を進める。

南2局には、後のない親番の中田からピンフ・ドラ2・赤1の8000点を直撃し、日向が5万点オーバーのダントツに。最終的には6万点を超える大トップで、第1試合の松本の雪辱を果たした。

日向はインタビューで、

「いっぱいアガりましたね… ツイてた(笑)。かなり内容はよかったのに、松本さん。全然チャンス無くてこの借りはすぐに返すんだ! って意気込んできたんですけど、あふれる手材料でしたね」

と語った。

【Result】
1着 日向藍子・ABEMAS 6万4700点/+84.7
2着 萩原聖人・雷電 2万8600点/+8.6
3着 鈴木優・Pirates 1万8500点/▲21.5
4着 中田花奈・BEAST ▲1万1800点/▲71.8

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +490.6(60/96)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +362.3(60/96)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +265.2(60/96)
4位 赤坂ドリブンズ +211.6(60/96)
5位 渋谷ABEMAS +20.2(62/96)
6位 EX風林火山 ▲90.4(60/96)
7位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲347.9(62/96)
8位 セガサミーフェニックス ▲400.9(60/96)
9位 BEAST Japanext ▲510.7(60/96)

大和証券 Mリーグ ABEMASvs雷電vsBEASTvsPirates

1月19日(金) 19:00 〜 1月20日(土) 00:00

詳細情報
渋谷ABEMAS vs TEAM RAIDEN / 雷電 vs BEAST Japanext vs U-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
BEAST Japanext
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ABEMASvs雷電vsBEASTvsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/