ミスを乗り越え勝利のために 猿川真寿、逆転のモンキーマジック【Mリーグ2023-24観戦記 1/12】担当記者 東川亮

ミスを乗り越え勝利のために
猿川真寿、逆転のモンキーマジック

文・東川亮【金曜担当ライター】2024年1月12日

第1試合

東家:堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ
南家:猿川真寿BEAST Japanext
西家:勝又健志EX風林火山
北家:佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部

「たぶん、Mリーグのなかで一番恥ずかしい」

大和証券Mリーグ、1月12日の第1試合に出場した猿川真寿は、試合後のインタビューで自らのボーンヘッドについて切り出した。

南2局

【赤5ソウ】(右腕の影で見えにくいが)を引き入れてテンパイした猿川は、【4ピン】を切っての【3ピン】【6ピン】待ちではなく、【赤5ピン】を切っての【3ソウ】【6ソウ】【4ピン】待ち、変則3メンチャンに受けてリーチをかけた。

【4ピン】は2人のリーチに対して通っておらず、【3ピン】【6ピン】は既に場に4枚見え。対して【赤5ピン】は現物だったからだ。

だが、改めて猿川の河を見てほしい。8巡目に【3ソウ】が切られており、フリテンになっている。しかも、【3ピン】【6ピン】待ちに受けていれば勝又が直後に切った【3ピン】を一発で捕らえていた。猿川は、リーチの直後にフリテンに気付いたという。

この局は早々にリーチをかけた勝又に対し、寿人が【8マン】【8ソウ】と暗槓をして真っ向勝負の姿勢、しかも【8マン】が新ドラでモロ乗りした(そして #槓全メシ完全メシ祭 が発生した)、緊迫の場面だった。

勝又・寿人の2軒リーチを受けながらテンパイ、しかも自身は負けている親番で逆転の勝負手。刻一刻と変化する状況のなかで、フリテンが頭から抜け落ちた。よくあるミスだが、ここはMリーグ。猿川は「フリテンに気付いていれば【3ピン】【6ピン】待ちでリーチしていた、あんなにファンの方をがっかりさせる選択もなかった」と詫びた。

3軒リーチの勝者は勝又。リーチツモピンフドラ裏裏のハネ満。裏ドラは猿川にも乗っており、【4ピン】切りリーチをしていれば、こちらもハネ満になっていた。

18000+供託2000点の加点が、6000+供託1000点の失点。差し引き27000点、順位点も考えればさらにその差は大きくなる。ましてや、BEAST Japanextの最下位という現状を鑑みれば、まさに痛恨。だが試合が終わっていない以上、今は残る2局に全力を尽くすしかない。

南3局、猿川に先制テンパイが入った。カンチャンから埋まればすんなりとリーチに踏み切れたが、【6ピン】から入ったことで、カン【2ピン】待ちかカン【4ピン】待ちかの選択が生まれる。

猿川の選択は、【5ピン】切りカン【2ピン】待ちリーチ。いわゆるモロ引っかけ、カン【4ピン】待ちでも中スジの待ちにはなっているが、点数状況を考えれば出アガリよりツモで全員にダメージを与えたい。堀が早めにピンズの数が小さいほうを切っていることから、出アガリよりもツモれそうな待ちを選んだと思われる。

【2ピン】は全て山に残っていた。そして宣言牌を勝又に鳴かれて一発こそ消えたものの、すぐにツモアガリ。リーチツモドラ、そして裏が1枚乗ったのが大きい。2000-4000の加点で、他3者との差を一気に詰めた。

迎えた最終南4局、猿川のツモが伸びて1シャンテンになり、少考。1300-2600ツモか、満貫出アガリなら逆転で単独トップという状況、ピンフ形の手牌でソーズが一気通貫になれば文句なく条件クリアだが、一方でソーズを見切ってタンヤオピンフになってもツモ裏条件のリーチがかけられる。

猿川が選んだのは、ピンズの伸びを消す打【4ピン】【9ソウ】が2枚切れとはいえ、やはりソーズの一気通貫はまだ見切れないし、受け入れが広い。そしてマンズがパラパラと切られていることで、マンズの伸びのほうを少しだけ優先した形だ。

次巡、【3ソウ】を引いてテンパイ。一気通貫は崩れたが、【4ソウ】ツモならタンヤオがついて無条件、【1ソウ】ツモでも一発か裏が絡めば逆転トップ。一瞬の間を置いて、猿川はリーチを宣言した。間があったのは、出アガリのパターンを検討したのだろう。アガり方によっては、ラスのままで試合を終わらせてしまうからだ。

ツモられても振り込んでもラスの寿人は、ギリギリまでは押す。その寿人に【1ソウ】が暗刻になったことは、BEASTサイドからすれば悲報に見えるが、安目ロンのパターンが減ったとポジティブに考えられなくもない。

勝又も、静かにテンパイを入れていた。トップ目の堀が現物を抜き打っていてかなりのオリ気配、アガれずともテンパイを取りきれれば逆転トップの目もある。

麻雀は、ワンミスで戦局が一変するゲームだ。そして人間である以上、誰しもミスは起こりうる。けれども試合が続いている以上は、ミスによる結果も受け入れた上で、勝つためにやるべきことをやるしかない。そうしてツモ山に伸びた猿川の手に、

それは訪れた。逆転の【4ソウ】、ラスからトップへの、モンキーマジック。

裏ドラは乗らず。つまり、トップになるには【4ソウ】をツモるしかなかった。

残り2局での、鮮やかな逆転劇。2着の堀とはわずか100点差、しかしそれは絶対的な順位の優劣である。猿川は確かに、チームへトップを持ち帰った。この日は2戦目に出た菅原もトップを獲得し、BEASTは同日連勝。試合は個々が独立したものではあるが、チームリーダーである猿川の逆転トップがチームに勢いをもたらし、菅原の勝利も呼び込んだ、と思いたくなる1日だった。

勝利のポーズは、年が変わってもまだまだぎこちなく、照れもありそうだ。

だが、何があっても戦いの腕は決して下ろさない。最後の最後を迎える、そのときまで。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/