Mリーグ2018ベストオブ【鈴木たろう】〜21人のMリーガー名場面集〜

Mリーグ2018

ベストオブ【鈴木たろう】

21人のMリーガー名場面集

文・真中彰司

 

~期待値を自在に操る神の選択~

 

“Mリーグロス”

記念すべき初年度のMリーグは、赤坂ドリブンズの優勝で幕を閉じた。

しかしその閉幕は、一打一打にプライドとプレッシャーがのしかかり、火花が飛び散っていたプロ雀士達の闘牌が、半年もの間お預けになることも意味していた。

そこで、せめてもの救済策として、Mリーグ名場面集をここに残す。

ぜひ「あー、この場面あったあった!」と思い出してもらえれば幸いだ。

今回のピックアップ選手は、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう

“ゼウスの選択”と呼ばれるほど、麻雀という競技を知り尽くしている選手だ。

レギュラーシーズンでは序盤こそポイントが伸ばせず低迷したが、中盤から連勝して息を吹き返し、ファイナルシリーズ進出に貢献。

ファイナルシリーズでは、レギュラーシリーズ終盤の鬱憤を晴らすかのような大暴れで339.2ptを稼ぎ出し、シリーズ個人首位の座を獲得した。

それでは、そんな鈴木たろうの名場面をピックアップ!!

 

 究極の役無しジャッジ アサピンアイを粉砕した神リーチ

(10/5 第2試合)

まず鈴木たろうといえば、この場面は外せないだろう。

10月5日第2試合、南4局。たろうはトップ目。

2着目で親の朝倉とは、満貫1回で逆転される点差だ。

のノベタンでテンパイが入るも、ピンフ変化を狙ってリーチせず。

そこに引いてきたのがドラの

上手く両面に変化してくれた。

これは静かにを切ってヤミテンにするだろう。

そしておそらくをロンして終わりだ。

この半荘を見ている誰もがそう思った。

その刹那、聞こえるはずの無い声が、卓上に響き渡った。

「リーチ」

え?ゼウス様、今なんと?

画面に映し出されたのは、横向きに置かれた。続いて青い千点棒。

ピンフじゃなくて役無し??しかも亜両面???

混乱する視聴者を尻目に、次に聞こえたのは…

低音だが、喜びを抑えきれない声だった。

豪快なツモで3000-6000の跳満。

追いすがる朝倉を振り切って、オーラスを終わらせた。

ここで、たろうのリーチ直前の他家の手牌を見てみよう。

↑パイレーツ・朝倉康心

↑麻雀格闘倶楽部・高宮まり

↑TEAM雷電・瀬戸熊直樹

お分かりだろうか?

リーチの時点では残り3枚なのに対し、は残り5枚。

この2枚差がどれだけの意味を持つかは、周知の事実だろう。

しかし、できるだけリーチしたくない状況。

枚数が少ないと分かっていても、ヤミテンで上がれるに受けたくなるのが”人間”だろう。

それをリーチに踏み切り、見事に和了に繋げてしまった。

恐るべし、ゼウスの慧眼。

Twitterで“最速最強”多井隆晴も驚愕する一打。

人間を越えた”神”の発想で、Mリーグ初勝利を収めたのであった。

 

②ワンスルー看破!解説すら縮み上がるチートイツ

(12/3 第1試合)

続いては12月序盤の試合から。

南2局でラス目のたろうは、ドラが対子で満貫が狙える手牌に。

しかし場は膠着し、なかなか鳴ける牌が出てこない。

そこに茅森がをチーして、三色・ドラ1のペンでテンパイを入れる。

当たり牌のは4巡前に1度スルーしている。これは盲点になるか?

幸か不幸か、が下家のたろうに流れていった。

鳴けば満貫になる手牌、を止める理由はないか…

 

ABEMAS・白鳥翔

「これは絶対打ちます、だってラス目ですよ?でも考えてる

小考の末、たろうが打ち出したのは暗刻だった

白鳥「こわいこわい!いやもう、凄いし怖い!」

そして次巡、を重ねて単騎でリーチ。

白鳥「うわーもうなんだこれ、天才か!?」

茅森の進行から789の三色が濃厚で、は切れている。

すると残りの待ち牌候補はなのだが、ゼウスは読み切った。

しかも鳴ける満貫を見切って、鳴けない七対子に変化させてリーチ。

まさに天才的な、そして茅森にとっては天災的なリーチだ。

アガリにこそ結びつかなかったが、茅森を降ろして1人テンパイ。

2000点の放銃が2000点の収入に。その差は4000点。

まさに”期待値を積み重ねる”ドリブンズらしい選択だった。

普段は甘いものと女性に弱い、可愛い45歳。

しかし一度卓に座ると、人の皮を脱ぎ捨てて神になる。

鈴木たろうの”神の雷”が、来期も卓上に轟くことは間違いない。

 

真中彰司
関東の理系大学院に在学中の学生。個別指導塾の数学講師という顔も持つ。主に統計学を研究する傍ら、都内各地にて麻雀修行中。

(C)AbemaTV