冬眠無視の鬼プッシュ! 瀬戸熊直樹・父に捧ぐ会心のアガリ【Mリーグ2020観戦記12/11】担当記者:真中彰司

冬眠無視の鬼プッシュ! 

瀬戸熊直樹、

父に捧ぐ会心のアガリ 

文・真中彰司【金曜担当ライター】2020年12月11日

第2試合

東家 滝沢和典EX風林火山

南家 朝倉康心U-NEXTパイレーツ

西家 白鳥翔渋谷ABEMAS

北家 瀬戸熊直樹TEAM雷電

1試合目でトップを獲った黒沢からバトンを受け取ったのは、現在4勝を挙げている瀬戸熊。

実はこの日は父親の誕生日だそう。心なしか、入場時にいつもより強く頬をたたいているように見えた。

というわけで今回は、気合の入った瀬戸熊の攻撃シーンに注目してみた。

東2局

まず先手を取ったのは白鳥。

をポンして待ちで局を流しにかかる。

続いてテンパイにたどり着いたのは滝沢。

ツモり三暗刻の形でのシャンポン待ち。

しかも白鳥の欲しいが暗刻だ。

これは長引きそうか?

さらに後方から追い上げてきたのはクルージングアミバ…ではなく、朝倉だ。

ここ最近は奇抜な髪型を封印して、黙々と対局に臨んでいる。

ピンフドラ1の待ちでリーチ。この待ちが一番強そうか?

2軒リーチを受けた白鳥も怯まず、

朝倉に無筋のを強打。

これを見て瀬戸熊の眉がわずかに動く。

「ふむ…白鳥も降りる気配なし、か…」

実は数巡前から役無しでテンパイを入れていた瀬戸熊。

このタイミングで両面に変わった、ということは…リーチだ!

一気に3軒リーチ、4人テンパイという修羅場と化した卓上。

追いついて危険牌のを通しきった瀬戸熊のアガリが予想されたが…

ここは親の朝倉が2600オールのツモアガリ。

腰に手を当てて思慮深そうな瀬戸熊。

その間は「一番有利なはずなのに上がれなかったか…」という悔しさか、はたまた「掴まなかったから、状態は悪くないな」というポジティブ思考なのか。

試合は朝倉が白鳥から満貫を直撃して、大きくリードする展開に。

東4局

迎えた瀬戸熊の親番。配牌はあまり良いとは言えない。

まずはアガリを目指して丁寧に進めていく。

10巡目。ターツは揃ってきたが、まだ形が苦しい。

そこに白鳥のリーチが襲い掛かる。

瀬戸熊の親番は風前の灯火か?暴君は冬眠してしまうのか?

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!