沢崎誠、貫禄勝ち!! 円熟の麻雀を披露して、”マムシの沢崎”が冬眠から目覚めた!!

沢崎誠、貫禄勝ち!!

円熟の麻雀を披露して、

”マムシの沢崎”が

冬眠から目覚めた!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021」の開幕第4日目、第1戦は沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。北家スタートの沢崎は、開局からマンガンツモを決めると、親マンをツモってダントツに。以降、ベテランの強みを発揮し一度も着を譲らず、チームに初勝利をもたらした。

第1戦の対局者は、U-NEXT Pirates朝倉康心KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗EX風林火山二階堂瑠美、そして沢崎の4名。

東1局4巡目、北家・沢崎がピンフ・赤2の【3ピン】【6ピン】待ちをなんと4巡目テンパイ。即リーチして、伊達の追いかけリーチもどこ吹く風、きっちり【3ピン】をツモアガリ。沢崎が好調な出足を見せる。

東4局1本場、親を迎えた沢崎は朝倉の先制リーチに、真っ向勝負。ピンフ・高めタンヤオ・赤1の【6ピン】【9ピン】待ちで追いかける。みごと高め【6ピン】をツモりあげて4000オールを加点。不振におわった昨シーズンのうっぷんを晴らすかのようなアガリを見せる。

南2番手争いでは、は初出場の伊達が勢いをみせる。東4局3本場で、瑠美からリーチ・ドラ2・赤1の8000を討ち取ると、南1局では先制リーチの瑠美に追いかけて、みごとイーペーコーの2600を直撃する。さらに次局、配牌でドラの【中】がアンコで入った伊達は、瑠美から12000を直撃して2番手を確保。

しかし瑠美も意地をみせる。南3局1本場では、チートイツ・ドラ2をリーチ・一発で伊達から仕留めて12000点を回収する。

オーラスは、沢崎の1人ノーテンで試合終了。マムシの沢崎が、サクラナイツに1勝目を持ち帰った。

沢崎はインタビューで、

「自分の着順よりも、チームが原点に戻したことがいちばん重要でしたね。北家スタートだったんで(連荘を)長くやろうとしたんですけど、最後は息切れしましたね。あんな小さいトップで終わっちゃいました。(新加入選手について)どきどきでしたね。あんな美人が卓に入ってきちゃうと(笑)」

と語った。

【Result】
1着 沢崎誠サクラナイツ 4万8200点/+68.2
2着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 2万6000点/+6.0
3着 朝倉康心・パイレーツ 2万3200点/▲16.8
4着 二階堂瑠美・風林火山 2600点/▲57.4

【Total】
1位 TEAM RAIDEN/雷電 +131.8(4/90)
2位 渋谷ABEMAS +62.3(4/90)
3位 赤坂ドリブンズ +20.8(4/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +10.1(4/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲38.4(4/90)
6位 EX風林火山 ▲39.1(4/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲71.0(4/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲76.5(4/90)

大和証券Mリーグ サクラナイツvsPirates vs麻雀格闘倶楽部vs風林火山

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月8日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
U-NEXT Pirates
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
EX風林火山
実況:松嶋桃
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ サクラナイツvsPirates vs麻雀格闘倶楽部vs風林火山

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!