松ヶ瀬よ…お前が3連戦してチームに勢いをつけて、Mリーグ初の2連覇。おれはそんな夢を見ているんだ【Mリーグ2021観戦記10/8】担当記者:越野智紀

松ヶ瀬よ… お前が3連戦して

チームに勢いをつけて、

Mリーグ初の2連覇。

おれはそんな夢を見ているんだ

文・越野智紀【金曜担当ライター】2021年10月8日

ルーキーの松ヶ瀬選手を3戦連続で起用したEX風林火山が今期初トップを奪取。

開幕からの3連戦も新加入選手がデビューから3連戦するのもMリーグ4年目にして初めての出来事で、レギュラーシーズン開幕早々に藤沢監督の奇策が飛び出しました。

これだけ大胆なやり方なら仮に失敗しても

「敗因はこの私!! 松ヶ瀬は最高のプレイをした!!」

これで乗り切れます。

もちろんオーディションを勝ち上がってきた松ヶ瀬選手の勢いや実力を見て勝算あっての作戦だとは思いますが、誰も進んでいない道への挑戦は見ていて面白いです。

今年は各チームの監督の手腕にも注目して、Mリーグの楽しみを増やしていきたいと思います。

この日の第1試合は東1局から松ヶ瀬選手のペースで進行。

2巡目にカン【8ピン】【6ソウ】【9ソウ】の2度受けと窮屈な2シャンテンになると、攻撃的な余剰牌を切って守備的な余剰牌を残す打【6マン】を選択します。

7巡目には【3ソウ】【9マン】も入れ替えて、さらに守備力を高めていきますが

急に有効牌がきたのでリーチ。

平常時には静かに構えつつも、侵略する時には烈火の如く動き

高目をツモって裏ドラも山の如しです。

2シャンテンでも形が苦しく打点も微妙な手牌では受け重視で、巡目が進むごとに攻守のバランスを微調整。

もうこの1局だけで松ヶ瀬選手の上手さが溢れていました。

次の加点は東4局。

松ヶ瀬選手に疾さ充分の手が入ります。

速度で圧倒できる時には攻撃的余剰牌の【8マン】は宝です。

【8マン】が重なると【5マン】を切って、ダブ【東】と678の三色の両天秤になる美しいイーシャンテンに構え

【東】【6ピン】と理想的なツモで4,000オールの追加点が入ります。

そして今日一番の注目局は東4局1本場。

ダメ押しを狙ってドラの【3マン】を暗カンするも

松ヶ瀬選手がまだノーテンの確率が高いと踏んで先に【8マン】を押してくる石橋選手。

【西】を仕掛けていた石橋選手は【2ピン】もポンして【6マン】【9マン】待ちのテンパイを入れ、松ヶ瀬選手の大物手を破壊しにきました。

直後にテンパイの入った松ヶ瀬選手。

余った【6ソウ】は石橋選手に危ない牌ですが、打っても1,000点か2,000点に見えるので怖さはありません。

自身の手はタンヤオドラ5と打点充分ということもあり、ここでの一番の問題はリーチとダマテンでどちらがアガリ率が高いかになります。

まず【4ピン】【7ピン】ダマテンにしていても松ヶ瀬選手の捨て牌を見るにとても出るような牌ではありません。

実際に数巡前の内川選手は【4ピン】を止めてテンパイ取らずの選択をしていました。

テンパイしてそうな石橋選手の待ち候補は【2ソウ】【5ソウ】【8ソウ】【3ソウ】【6ソウ】【9ソウ】【6マン】【9マン】で、【6ソウ】はこれから通す予定なので残りの【2ソウ】【5ソウ】【8ソウ】【6マン】【9マン】が本命です。

松ヶ瀬選手は役牌暗刻の可能性がほぼゼロなので、ダマテンを選択するとタンヤオにはロンをされない【9マン】が他家から打たれる恐れがあります。

【2ソウ】【5ソウ】【8ソウ】【6マン】【9マン】は松ヶ瀬選手の捨て牌になく、リーチをかければ石橋選手への危険牌が他家から切られることを抑止出来そうです。

どうせ出アガリが難しいなら残り3回のツモ番で勝負出来る確率を増やそうと、松ヶ瀬選手はリーチを選択しました。

石橋選手は【1ソウ】【4ソウ】をスライドさせてテンパイ維持。

その【4ソウ】は高宮選手がチーテンを取れる牌でしたが、余った【9マン】が切れないので鳴かず。

もし松ヶ瀬選手がダマテンにしていたら、チーテンを取った高宮選手から【9マン】が出て石橋選手のアガリになっていた可能性は高そうです。

直後に石橋選手が無筋を掴んで降り。

松ヶ瀬選手のリーチは効果を発揮して、狙い通りに3回のツモ番を得ました。

残りツモ番2回の高宮選手にテンパイが入るも、ドラの【3マン】を暗カンしている親リーチとの勝負は分が悪いと役無しダマを選択。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!