俺を止めたいなら 核ミサイルでも落とせ! 佐々木寿人は攻撃をやめない【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Mon】

俺を止めたいなら

核ミサイルでも落とせ!

佐々木寿人は攻撃をやめない

文・梶谷悠介【遊軍ライター】2018年10月29日

 

 

「麻雀最強を目指して何が悪い!!」

「人として生まれたからには誰だって一度は麻雀で最強を志すッそれが心理だ!!」

「ある者はルールを覚えてすぐに、ある者は雀荘のおじさんに、ある者はネット麻雀高段者の実力に屈して」

「それぞれが最強の座をあきらめ、それぞれの道を歩んだ」

「しかしッッッ」

「今夜あきらめなかった者がいるッッ」

「偉大なバカ野郎達!!」

「選手入場!!!」

 

「発声の良さは誰にも負けない!必殺雀パンチで地球の裏側まで飛ばすぞ!

リーチ超人村上淳プロだーーーー!!!」

 

「麻雀にひっかけなどない、あるのはアガりやすい選択だけだ。さわやかな見た目から繰り出すチョイ悪打法!

黒いデジタル石橋伸洋プロだーーー!!!」

 

「棒テン即リー?そんなものは若者にやらせておけ。重厚な手作りでKOの山を築く!!今宵も出るか黄金の左!

連覇野郎・近藤誠一プロだーーー!!!」

 

「俺を止めたいなら核ミサイルでも落としてこい!例え腕一本になっても攻撃の手を緩めないぞ!!

麻雀攻めダルマ・佐々木寿人プロだーーーー!!!」

 

…っていう感じの選手入場はどうですかね?

それでは観戦記スタート

この日は全員のトップをもぎ取ろうとする意志を感じた対局だった。

注目は前回国士をアガって2連勝し復活ののろしを上げた佐々木。ここで勢いに乗れるか。

 

東2局0本場

石橋をポン打としイーシャンテン

 

そしてを加カン

形がそれほど良くなく押し返されたときのことが頭をよぎって悩みそうだが、スムーズにカンとすることで良い手アピール。また親のドラ1なのでカンドラが乗ったときの点数上昇幅が大きいのも理由か。

 

近藤が三色確定のリーチを打つと

 

佐々木がを暗刻にし、すぐさま追っかける。は場に1枚出ているため近藤のアガリ牌はゼロ。佐々木の勝ちは約束されたようなもの。

 

これがツモ裏3で倍満のアガリとなった。

これはついに時代が来たか?

 

東3局1本場

平和のみだが5枚残りの先制リーチを打つ佐々木。これももらったように見えた。

 

しかし周りも黙っていない。石橋がをチーしてタンヤオ赤赤3900のテンパイを入れると

 

テンパイしていた村上が単騎に受け変えて追っかけのリーチ

は先制リーチの中筋、は現物で自分の捨て牌では中筋になっている。それほど2人の共通安牌がないので、他家が困ったら出てくることも期待してのリーチだ。

 

しかしここは最も枚数的に有利と思われた佐々木が石橋の当たり牌を掴んでしまう。

まだ本調子ではなかったのか…

 

東4局0本場

これは意見が分かれそう。村上は切りでヘッドレスに構えたが、雀頭固定の切りもある。ツモで567の三色も狙えるので私はを落としたい。

この後ツモで単騎の仮テン→ツモでノベタンに。

 

石橋絶好のを引いてダマテンの待ち

捨て牌からは全員が掴んだら捨てそう

 

そのを逃したくないため警戒させないようを暗カンしない。

またダマテンが入っていたときにリーチと来られてしまうのも困るという判断か。

 

その後村上が平和高めイーペーコーとなるを引きリッチ

 

これが一発ツモで1300/2600のアガリとなった。ラス目の村上が和がったことで混戦の様相を見せる。

 

南3局1本場

親の近藤がを1鳴きする。さすがの近藤もこの点数状況と供託2本あれば鳴く

 

これは石橋の気になった1打

通常はカンとペンの2度受けを嫌って打としそうだが、おそらく引きの一通を狙ったのだろう。ドラ絡みとなるので鳴いても3900は保証される。供託2本つきで十分な収入だ。面前でテンパイすれば一気にトップを狙える手になる。678の三色もあるのでは残す。

近藤でチーして打とし待ちのテンパイ。筒子は単にと持っていたように見えるので。の早切りと合わせて待ちは盲点になる。

 

そしてをカンするとなんとカンドラがでモロ乗り

一気に勝負手になった。

 

しかしラス目の村上は果敢に攻める

親の高打点の仕掛けは恐いが、自分もアガればトップが見える

 

近藤を引いて小考

を切れば待ちにも取れるが

 

村上のリーチには中筋。は万が一の待ちがあり得る。

待ちとしてどちらが良いかも、早いうちから佐々木と石橋は受けにまわって合わせ打っていて捨て牌からは読みにくい。よって安全なを切る。

 

これが痛恨の引き。

仕方ないといえばそれまでだが逃した魚は大きかった。

この局は2人テンパイで流局

 

南3局2本場

勝負手をリーチした村上が

 

最後のツモ番でをツモりあげる!

「ツモッ」の発声は今日一で大きかった。村上が最後尾から一気に空を飛んできた

 

オーラス

ファーストテンパイは親の佐々木

をポンして打待ち高め一通のテンパイ

 

近藤はすでにポンでチーしており、佐々木のをポンしてホンイツの単騎テンパイを入れる。

 

そこに待ったをかけたのはなんとラス目の石橋

ツモればハネマンで文句なしのトップになるドラ単騎のチートイをリーチ

トップへの執念を見せる

 

これを掴んだのは佐々木

枚数では有利だったが…

 

倍満をアガってもトップを取らせてもらえないばかりかラスに落ちる展開

普通ならかなりメンタルに来るが、後に語ったことによると戦えていることに手ごたえを感じていたという。

1回戦

1位:村上(ドリブンズ)+50.3 

2位:近藤(フェニックス)+8.3 

3位:石橋(Pirates)▲16.0 

4位:寿人(麻雀格闘倶楽部)▲42.6

 

 

長くなってきたので続く2回戦は巻きでいきましょう。もし他の選手紹介もしてほしい!という方がいましたら是非コメントください!

起家 園田賢(ドリブンズ) 

南家 近藤誠一(フェニックス) 

西家 佐々木寿人(麻雀格闘倶楽部) 

北家 小林剛(Pirates) 

 

東1局0本場

これは小林の気になった1打

から落としているが345の三色を見てツモに備えてから切る手もある。確定しない三色より安全度を取ったとみるべきか。

東3局0本場

佐々木ドラの切りで両面に受けず切りのカン待ちリーチ

下家の小林が南をポンしていて、ドラポンをケアしたのだろう。は場に3枚見えている。攻めダルマとはいえいつも無鉄砲に攻めているわけではない。

東場は小林が和がり倒し迎えた

南1局0本場

佐々木、直後に出たをスルー

チャンタをつけて面前でテンパイすれば満貫も見える。やはりその目はトップを見据えている。

 

結果チャンタにはならなかったが自力で発を暗刻にして1000/2000のツモ

 

続く南2局

好配牌からの三色確定リーチ!

 

これがツモで跳満

しかしトップに立ったとはいえ2着の小林とは僅差だ

 

南3局0本場

すると畳みかけるようにチートイドラ単騎をツモ!6000オールでこの半荘決まったかのように思われた

 

南3局1本場

園田のタンヤオドラ3赤1先制リーチが入っている場面でチートイで追いつく小林。小考後にリーチ!

ラス目の園田のリーチは高い可能性があるが、仮に満貫を放銃しても2着でオーラスを迎えることができる。逆に自分がアガリきることができればラス親を残しているためトップを狙える。麻雀はトップを狙うゲームなのだ。

 

これは小林が満貫をツモり、オーラス佐々木まで13800差に詰める。5万点もっていても全く油断できない。

 

しかし小林も追い詰めたが最後は佐々木が2000点を和がって逃げ切った。

1位:寿人(麻雀格闘倶楽部)+72.8 

2位:小林(Pirates)+16.0 

3位:近藤(フェニックス)▲28.1 

4位:園田(ドリブンズ)▲60.7

佐々木はこの日1回戦▲42.6 2回戦+72.8としトータル+30.2とした。

20000点のオカがあるルールではトップラスでも浮く計算になる。ラスのリスクを背負ってでもトップを取りに行く打ち方は実はかなり理にかなっているのである。個人成績で最下位だった男がたった2日で順位を3つあげてきた。これから猛チャージする予感がするのは私だけではないだろう。

梶谷悠介

最高位戦日本プ麻雀協会所属。HNツケマイとして天鳳やブログで一時話題となる。去年パパと麻雀プロに同時なった男。最高位とMリーガーを目指して連続昇級中。

【関連記事】
死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】
“ずるごー”は健在だった 小林剛率いる 海賊たちの点棒略奪劇!【熱論!Mリーグ】
Mリーグの魔物がもたらした萩原聖人の変化【熱論!Mリーグ】
近藤誠一徹底分析 「事務局の人」から「卓上の阿修羅」へ【熱論!Mリーグ】
高宮まり、魚谷侑未は “亜樹・黒沢”世代を 超えられるのか【熱論!Mリーグ】
女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】
もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】
俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】
ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】
狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】
“多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】
白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】
麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】
私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】
まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】
身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」