「ドリブンズの悪夢」再び⁉︎苦悩するエース 園田賢に託された命運【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Mon】

「ドリブンズの悪夢」再び⁉︎

苦悩するエース

園田賢に託された命運

文・梶谷悠介【月曜担当ライター】2019年2月11日

 

状況を整理するところから始めよう。

予選ラウンドは明日2/12で終了する。決勝ラウンドに進めるのは上位4チーム。この日の出場チーム、ABEMAS、ドリブンズ、麻雀格闘倶楽部、雷電のうち、試合を最終日まで残しているのはABEMASだけだ。ABEMASは2位を確保するのが先決だが、大きなラスだけは避けたいところだろう。

一方、雷電は辛い。10万点代のトップが2回必要と最後まで諦めないだろうが現実的な数字ではない。

注目はやはりドリブンズと麻雀格闘倶楽部の生き残りを懸けた戦いだ。

両チームの第1目標は、『トータル3位以内で終わること』である。なぜなら最終日同卓の5位パイレーツ6位フェニックスの両方が3位をまくることはほぼないからだ。ポイントを叩くにしてもどちらか1チームだろう。したがって3位以内で日程を終了することができれば、ほぼ決勝ラウンドは当確とみていい。

第2目標は『±0付近で終わること』である。Mリーグのルールでは1位に+50ptの順位点がつく。仮に40000点のトップなら+60ptとなる。これを連続で取ったとしても+120ptだ。現状5位のパイレーツが-139.2ptなので、±0に戻すには大きめのトップが2回必要になる。これは条件的にかなり厳しい。トータル4位のボーダーを下げてパイレーツが戦いやすくなることだけは避けなければならない。

というように競技麻雀にはこのようなポイント計算がついてまわる。これは一般の麻雀にはないもので、なかなか経験がないと難しいところがあるが、これを理解することでMリーグがさらに楽しめることは間違いない。今回は少々面倒なポイント計算の解説も随所に散りばめておこうと思う。

ところで私は観戦記者としてなるべく中立な立場でMリーグを観てきた。だが今回ばかりは応援したい選手がいることを隠しきれない。

園田賢選手である。

2/7、ドリブンズの悪夢と名付けられたかは定かではないが1日で136ptを失った日、園田はしばらく倒れ込んだ、らしい。「もうやめて!」とサポーターも悲鳴をあげた大三元放銃。決勝ラウンド当確線上にいたと思われていたドリブンズに黄色信号が灯った。

「先輩!がんばってください!」

と心の内からエールを送りたくなる心境を許して欲しい。

「どうにか決勝ラウンドまでつなげてください!」

と祈りながら画面を食い入るように見つめていた。

1回戦

東1局0本場

ここからを打った園田。下家の前原はをポンしているが

跳満に刺さってしまう。

ドリブンズと麻雀格闘倶楽部のトータルポイント差は40.9pt。トップラスで順位点80pt差がつくため、開始3分で暫定順位が入れ替わってしまった。

 

東2局0本場

挽回の跳満リーチを打つが

これも松本に蹴られてしまう。

 

東3局0本場

さらにさらにチンイツの満貫テンパイをした松本に

リーチをかけていた園田はまたしても放銃。

開始3局で持ち点が2000点となってしまう。

ついていない…ドリブンズの悪夢が頭をよぎる。

 

南2局1本場

チートイツのリーチをかけた園田

これが松本から一発ロン。

6400の1本場6700のアガりとなった。

ようやく少し挽回したかと思ったのもつかの間、このアガりは実はドリブンズにとって最も歓迎しないものである。その理由にお気づきだろうか?

注目は前原と松本の点差だ。1900点松本が上だったが、この放銃で逆に前原が4800点上のトップ目になってしまった。

Mリーグの順位点はトップラスで80pt差だが、2着ラスだと40pt差だ。当面のライバルである麻雀格闘倶楽部にトップだけは取られたくないのである。

 

【チートイツをアガる前】

麻雀格闘倶楽部35100の2着→ +15.1pt

ドリブンズ1000のラス→    -59.0pt

両チームの差           74.1pt

【チートイツをアガった後】

麻雀格闘倶楽部35100のトップ→ +55.1pt

ドリブンズ7700のラス→     -52.3pt

両チームの差            107.4pt

 

なんとアガった後の方が差がついてしまった!

もちろん園田もこのことはわかっている。だがチートイツを見逃すわけにはいかない。放銃だけではなくアガりまでついていないのか…

 

オーラス

園田はあきらめない。

この局のテーマはただ一つ。前原をトップから引きづりおろして次戦に食らいつくことである。前原と2着目の松本とは6400差なので、満貫直撃を狙うしかない。

メンホンに仕上げた園田。は2巡前に切られたばかりだ。ダマに構えてアガりトップの前原から拾うのをじっと待つ。

前原は決断のリーチときた!

ここだ、ここしかない。

狙いすましたように追っかけリーチ!跳満直撃なら前原の3着落ちだ。

麻雀格闘倶楽部に食らいつく乾坤一擲の一撃!

だが…

2軒リーチをすり抜けてアガったのは親の松本だった(500オール)。

次局、前原に早い手が入る。今度こそトップを決めにいくリーチ。

そこに松本から出たをチー、打は安牌でが3枚見えている)とし、待ちのテンパイで追いついた園田。安めでも前原から直撃すればトップを阻止できる。おそらく他からが出ても見逃していただろう。

しかしを引いて撤退。筋が切れすぎているのと、親の松本が来ている。自分が放銃しても前原のトップを確定させてしまうので、松本の自力トップに賭けた。

その松本は待望のテンパイを入れるが

前原がをツモって1回戦は終了した。

ドリブンズにとっては最も避けたかった並びを作られてしまった。

この結果麻雀格闘倶楽部とは74.5pt差がついてしまう。

ドリブンズトップ、麻雀格闘倶楽部3着の並びを最低でも作らないと逆転は厳しい。

 

2回戦

東3局0本場

園田はをチーしてテンパイを入れるが

萩原のリーチに放銃。裏3で跳満となってしまう。

さらに次局この

またもや裏3の親満放銃になってしまう。

きつい…あまりにきつい…絶対に負けられない状況での不ツキに園田は立ち向かわなければならない。

 

南3局0本場

もはや麻雀格闘倶楽部とのトータルポイント差を挽回できる点差ではなくなっていた。

しかし決勝ラウンド進出のためにやれることはまだある。もしこのまま半荘が終了すると

3500のラス→ -56.5pt

トータル –42.5ptになる。

このままだと最終戦でパイレーツは100pt弱稼げば良いことになる。かなり現実的な数字だ。

ここは当初の第2目標『±0付近で終わること』にシフトして少しでもボーダーを上げる努力をしなければならない。せめて3着、3着が欲しい。

だが、無情にも手が追いつかない。

松本がリーチ!

しかしそこに親の高宮が強引な追っかけリーチをかぶせてきた。

この南3局。絶体絶命の園田だったが、不幸中の幸いともいうべきことが2つ味方していた。

その一つがトータル3位がほぼ確定された麻雀格闘倶楽部の高宮が連荘狙いのアガりに向かったことである。このままもし高宮がオリて松本の一人テンパイで流局すれば、園田はオーラス満貫をツモってもラスのままだった。

そして流局。だが次局になっても園田には手が入らない。

終盤高宮はのシャボリーチをかけると

789の三色でテンパイしていた萩原が一発で掴む。

は場に1枚切れ、今にも打ち出されそうな

なんとビタ止まりして流局してしまう。

これがもう一つの不幸中の幸いだった。既にほぼ目のない萩原だったが、最後まで『プロ』の麻雀を見せようと必死だった。そのおかげでゲームが壊れず園田は最後まで戦うことができたのである。

 

南3局2本場

園田に待望のリーチがかかる!

そして

『ツモ!』

このを持ってきた瞬間の気持ちはどれほどだっただろう。決勝ラウンドを手繰り寄せるを園田は引いてきた。裏は乗らなかったが満貫のツモアガりだ。

 

オーラス

さらに5200のツモアガりで3着をキープ。

ポイントこそ減らしてしまったが、園田は決勝ラウンド進出のために精一杯のことをやった。あとは天命を待つばかりである。

園田が守った130pt差。果たしてパイレーツとフェニックスは打ち破ることができるのだろうか。

(朝倉康心Twitterより)
(セガサミーフェニックスTwitterより)

 

 

梶谷悠介
最高位戦日本プ麻雀協会所属。HNツケマイとして天鳳やブログで一時話題となる。去年パパと麻雀プロに同時なった男。最高位とMリーガーを目指して連続昇級中。

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV