萩原聖人、有終の美を飾る!「雷電の麻雀は、この先もいつだって、面白いんです!!」

萩原聖人、
有終の美を飾る!
「雷電の麻雀は、この先もいつだって、面白いんです!!」

2月11日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
2回戦は、TEAM雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟)が、連続ドラアンコに恵まれてトップを獲得。
チームは19勝目を、個人は7勝目をあげたが、ファイナル進出は叶わずシーズンを終えることとなった。

対局者は、
赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟)、
渋谷abemas・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)、
そして萩原。

並びは、園田・松本・高宮・萩原。

東3局、萩原がドラアンコのツモリ三暗刻でリーチ。
鳴いてツモをずらした園田がツモった牌は、萩原の一発ツモだったアガリ牌。
しかし自らもテンパイしている園田は、ツモ切って放銃。
そしてウラ3!
ハネマンの手痛い放銃となった。

次局、萩原が7巡目に先制両面待ちのリーチ。
これに目一杯手を広げた、園田が放銃。
そしてまたもウラ3!
園田、痛恨の連続放銃劇。

南1局3本場は、松本と園田のリーチ合戦。
失点を回復したい園田だが、アガったのは松本。
高宮からチートイツ単騎を討ち取って、6400点。

南3局は、松本と萩原のリーチ合戦。
これはトップ目萩原が、2着の松本を叩く結果に。
ピンフイーペーコーの3900を、萩原が加点し足元を固める。

オーラスは、園田が4巡目にピンフ・ツモ・ドラ1・赤1の手をツモって1300・2600のアガリ。
高宮にラスを押し付け、かろうじて3着を死守した。

萩原は勝利者インタビューで、
「生意気を言えば、こんなに嬉しくないトップは初めてかもしれません。ポイントが現実的でなくなっても、諦めずに雷電の麻雀を打とうと(チームメイト)3人で心に決めて今日も臨んだので、みなさんが取らせてくれたトップだと思います。(来季に向けて)現役のMリーガーでいられるうちは、応援してくれる人たちを二度と裏切らないように、いろんなものを鍛えなおして、楽しい次のシーズンを迎えられたらと思います。」
と語った。

【Result】
1着 TEAM雷電・萩原聖人(日本プロ麻雀連盟) 4万9600点/+69.6
2着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会) 2万2400点/+2.4
3着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)1万7300点/▲22.7
4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟)1万700点/▲49.3

【Total】
1位 EX風林火山 +328.8(78/80)
2位 渋谷ABEMAS +191.4(78/80)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +39.2(80/80)
4位 赤坂ドリブンズ ▲8.7(80/80)
5位 U-NEXT Pirates ▲139.2(78/80)
6位 セガサミーフェニックス ▲184.0(78/80)
7位 TEAM雷電 ▲227.5(80/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsABEMASvs麻雀格闘倶楽部vs雷電

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする