潰すか!? 潰されるか!!?? U-NEXT Pirates 朝倉康心が絶対に負けられない理由 【Mリーグ2021観戦記10/14】担当記者:ゆうせー

潰すか!?

潰されるか!!??

U-NEXT Pirates 朝倉康心が

絶対に負けられない理由


文・ゆうせー【木曜担当ライター】2021年10月14日

天高く馬肥ゆる秋。

かたや未だトップのないU-NEXT Pirates

チーム7戦目は、監督が『キーマン』と語った、この選手に託された。

『W天鳳位&魂天』朝倉康心

解説 土田浩翔  実況 日吉辰哉

ネット麻雀の活躍から『デジタル』とくくられることの多い朝倉。

東1局から、その枠にとらわれない判断を見せる。

親番で迎えた9巡目。

イーシャンテンへと手が進む。赤が2枚内蔵されたチャンス手だ。

次の手番は高宮。

【白】を打ち出した。

朝倉は、

スルーだ!

【白】を鳴くと、シャンテン数は変わらないがチーが出来るようになる。また、リャンメンの受けだけでなく、【4ピン】【5ピン】【7ソウ】【8ソウ】の縦引きでもテンパイ出来る。

だが、打点面に不安もある。【6ピン】が絡まなければ満貫に届かない。そして、5800程度の打点では、Mリーグでは十分なリードにならない。

さらには上家にいる白鳥が比較的弱い河をしている。朝倉が仕掛けた場合、【3ピン】【6ピン】【6ソウ】【9ソウ】をスンナリ下ろしてくれる可能性は低いと考えられる。

一方、リーチをかけてツモれば4000オールスタート。東場で局数に余裕のある場面、朝倉は門前での打点を狙いにいった。

2巡後、

ドラの【6ピン】を引き入れてリーチだ!

今季は火のごとく猛攻を仕掛けてくる亜樹の【3ピン】プッシュを受けながらも、

 

終局間際に【9ソウ】をツモ! 裏も乗って、リーチツモ赤赤ドラ裏、6000オールのアガリとなった。

続く東1局1本場、

【中】を仕掛けた朝倉。4巡目に【2マン】を引いてきて、

【6ソウ】とする。狙うはホンイツ。一気寄せだ。

この手を、

狙い通りホンイツに仕上げる。高宮のリーチの中、白鳥から出アガリ。【中】ホンイツ、5800は6100のアガリだ。

白鳥も、

上手くまわって七対子のテンパイを取っていただけに、仕方のないところだろう。

次局、3巡目の選択も面白い。

みなさんなら何を切るだろうか?

朝倉は、

【3ピン】! ドラ表示牌の【3ピン】を浮かせて、ドラメンツ、345の三色、ダイレクトの【2マン】引きを残す一打だ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!