“踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い! 石橋伸洋で楽しむ方法 【熱論!Mリーグ】




熱論!Mリーグ【Mon】

“踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い!

石橋伸洋で楽しむ方法

文・花崎圭司【月曜担当ライター】2018年10月29日

 

やっぱり「踊る!バッシー御殿!!」は面白い!

「どういう麻雀が好きか」とか「この雀士はすごい」という話を、麻雀友達と話したことか一度はあるかと思う。「あの一打はすごかったね」「よくあそこで我慢した」とか、流れの話をしたり、デジタルの話をしたり。それも半年ぐらいすれば自分の麻雀感も変わってくる。「あの雀士、最近好きなんだよね」と“推し変”“推し増し”したり。そういうところ否定せず、みんなでわいわい話すのが楽しい。

話が少しそれるが(私の観戦記はいつもそれるが)、「デジタル」の反対語は「オカルト」ではなく「アナログ」なんだけどなあ、と思う。さらに言えばロレックスとか機械式ではない時計はクオーツ時計なので、アナログ表示もデジタルなんだけどなあと思う。ほとんどの雀士は広義の“デジタル”という効率を考えている。それを麻雀でどう表現するかは人それぞれ。長針短針秒針という“針”をつかったり、100分の1まで表現できるデジタル表示を採用したり。もちろんクォーツを使わず、別のアプローチをしたり。それが面白いなあと思う。

閑話休題。
「誰が強いか」「誰の麻雀が好きか」という話に比べると、「この人の麻雀は面白い」というのはあまりしないと思う。
そんな中、その話題で出てくるMリーガーといえば、まずはおそらく鈴木たろうプロ、そしてMリーグのプロモーションCMで「雷電のCMは面白いですよ」と言っているように萩原聖人プロが出てくると思う。
私もこの2人の打ち方も面白いし大好きだが、「楽しいし、自分もやってみたい」と思うのが、バッシー、石橋伸洋プロだ。

雀士は行くべきか行かざるべきか考え、自分のエゴ、つまり“自己都合”と葛藤しながら戦っている。言い換えれば“自分”との戦いだ。
石橋伸洋プロももちろん“自分”と戦っているが、“まわり”の雀士とも戦っている。いや、戦っているというか、メッセージを送っている。お笑いでいうところの“フリ”だ。
「こういうのどう?」
バッシーは牌を切って、まわりの雀士に話を“振って”いるのだ。まわりの雀士もそのフリに答えたり、時にはスルーしたりする。
この牌を通した会話、フリをさせれば、バッシーが一番だと思う。
バラエティ番組でいう“MC”となって、まわりの雀士たちを“まわし”ている。
そんな「踊る!バッシー御殿!!」が開かれる。

Mリーグ第5週月曜、第17節。


東家は、村上淳(赤坂ドリブンズ)、
南家は、石橋“バッシー”伸洋(U-NEXTパイレーツ)、
西家は、近藤誠一(セガサミーフェニックス)
北家は、佐々木寿人(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

 

最近不調ながらも踏ん張る村上、安定の成績を出し続けている近藤、そして気になるのは佐々木寿人。絶不調だったが先週金曜に国士無双をアガり、Mリーグ初役満。成績も気持ちも上がってきた。
このメンツで「踊る!バッシー御殿!!」でバッシーは3人をどう回していくのか?

東2局 ドラ
東1局を軽快にアガったバッシー。勢いに乗って、をポンする。

「鳴き」と一括りにされることが多いが、バッシーの鳴きはその中でも軽やかだ。役牌ドラ1オッケー!という声が聞こえる(私が勝手に投影しているだけなのだが)。
さらにバッシーは止まらない! をツモってくるとそのまま加カン! 新ドラは! 関係ない! リンシャンからツモってきたのは! 赤だけど使いにくい! でもなんとか使ってやるぜ!

【バッシー手牌】
 ポン

鳴く気満々の配置! バッシー、ノリノリである。
でもそれをいさめるように近藤とヒサトが反撃のツッコミリーチ! カン裏が乗るかも! ピンチ! でもここでアガるのがバッシーだ!
――と思っていたらアガったのはヒサト。アガれんのかーい!

それでをツモるんかーい! しかも裏ドラ3枚ものるんかーい!
ヒサトの倍満! 満貫の倍の点数だから倍満! それをバッシー親カブり! これは痛い!
でもまだまだバッシー御殿は番組前半! スベることを恐れず攻める!

 

東3局1本場
ここで先制リーチは「今週の踊る!ヒット賞!!」最右翼のヒサト! 先週の役満効果が続いているのか勢いが止まらない! ヒサトのリーチが飛ぶ!

村上もチートイツのテンパイを入れるがダマ。リーチに行かない。

「じゃあ僕が行きますよ!」

と手牌に赤牌が2枚あるバッシーがチーを入れテンパイ。待ちはカン

 チー

このバッシーの“まわし”に反応したのか、村上もリーチをかける。

3人お祭り騒ぎになっているなか、近藤は安全牌ゼロ。自暴自棄になって攻める、ということはなく、我慢して撤退する。卓が大盛り上がりしているところでも冷静でいられるのは、さすが土田晃之さんバリの安定感である。
で、ここでアガったのは、お待たせしましたのバッシー!

ヒサトからの放銃だが、点数は3900点の1本場で4200点。でもさっき倍満でヒサトに8000点払っているから、まだマイナス! まだまだ笑い……いや点数が欲しい!

 

そして南1局。ドラ
石橋の配牌は、