【 #神域リーグ2024 第7試合観戦記】#桜凛月 は諦めない 宝燈の灯火よ 奇跡へ導け!【文 #後藤哲冶 】

チームゼウスには、昨年から引き続きチームに在籍する選手が1人いる。

桜凛月
昨年と同じ選手は最大1人しか指名できないというドラフトルール。
鈴木たろう監督がその枠を使ったのは、ルイス・キャミ―でもなく、天宮こころでもなく、桜凛月だった。

昨年からより練習を重ね、麻雀の実力もレベルアップして帰ってきたこの舞台。
前回登板は、オーラスに劇的な倍満ツモで4万点オーバーの2着をチームに持って帰ることに成功。

チームは現在+20pt前後。
チームのためにも次はトップと息巻く桜の姫が、第1試合へと向かう。

第3節 第1試合

東家 鈴木勝  (チームグラディウス)
南家 桜凛月  (チームゼウス)
西家 歌衣メイカ(チームアトラス)
北家 ゴモリー (チームアキレス)

この第1試合は、激しい高打点の打ち合いとなった。

東1局、ダブ【東】を鳴いている親に切りにくい【白】で迂回していたゴモリーだったが、なんとその【白】をもう1枚引き入れてテンパイ。
ドラを2枚従えてのリーチに打って出ると。

これを一発ツモ。更に裏まで乗せて、あまりにも幸先の良い3000、6000。
現在個人首位をひた走るアキレスのシンデレラガールは今日もノリノリだ。

東2局チートイツドラドラのテンパイ。
東単騎は絶好の待ちだが、自身の河が少し変則気味になっていることも考慮してか、ここはダマテンの選択。

親番を迎えていた桜が、この形から【8ピン】のポン。
もう巡目は中盤に差し掛かっており、この形ではリーチまで持っていくのは厳しいと判断。
タンヤオでの仕掛けでアガリを見る、が……右端には、最後まで重なりを見ていた【東】が浮いている。

これがゴモリーに捕まった。
6400のアガリで、またしてもゴモリーが加点。
これは実況解説席も、「今日もゴモリーなのか?!」と湧きたつが。

その展開を望んでいない、生粋の目立ちたがり屋が一人。
この卓には混じっていた。
俺を無視してもらっちゃあ困る。配信枠の下に並んだ3文字が、漢のやる気を表している。

それでも尚、ゴモリーの勢いは止まらない。
4巡目にして、早速リーチを受けてしまう。

やられっぱなしでは気が済まないのは、桜も同じ。
ドラ3でホンイツがくっきりと見えている桜は、この局全面的に戦うことを決めた。
カン【8マン】をチーして、通っている白ではなく、【7ソウ】をプッシュ。

歌衣も【6ソウ】を引き入れて手が進んだ。
「1、2、3スジか」
通っているスジをカウントし、まだオリるような局面ではないことを再確認。
当たり前だが、初年度の歌衣からは想像もできないような理論詰めの押し。

切ったのはドラの【1マン】
リーチ者ゴモリーには【4マン】が通っており、【1マン】はドラとはいえ、単騎かシャンポンのような形でしか当たらない。
%にしたら、3%も当たらないだろう。
であれば、ホンイツ模様で、後から桜に当たることを嫌う。良い打牌だ。

そしてこの卓には目立ちたがり屋の漢もいれば、ゼウス産のゴリラも混じっていた(?)。
この切られたドラの【1マン】を見て、桜がなんと大明槓。
さして時間を使わずにカンを選んだのは、ゼウスゴリラ故か、それともにじさんじの血か。

基本、リーチに対して大明槓をすることは、悪手になりがちなのだが(リーチ者には裏ドラ1枚分多く増えるため)しかしこの大明槓、決して悪い手ではない。
オリる気が毛頭なく、ドラを4枚に確定させれば跳満。さらに嶺上牌から1枚ツモれる。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \ほぼ毎日4コマ 最新④巻 好評発売中!/