雀荘メンバーという病 楽しい職場は地獄の一丁目 【近代麻雀ドキュメント】




雀荘メンバーという病

楽しい職場は地獄の一丁目

【近代麻雀ドキュメント】第1回

文・赤松薫

麻雀を打って時給が発生する。雀荘メンバーは読者にとって夢のような職場に見えるかもしれないが

本当にそうなのだろうか。現場の声をノンフィクションでお届けする。

不規則な生活で疲れが抜けない

「おはようございます」とフリー雀荘に入ってきた男性に、いきなり怒号が飛ぶ。

「何時だと思ってるんだ! ばかやろう!」

「すみません」

たまたま来ていたオーナーに怒鳴られ、顔を伏せて控室に駆け込む新田さんを、フリー客、セット客の数人が目で追う。

目配せして首をすくめている客もいるが、本人は気づいていない。

筆者はこの日、フリー客として店にいた。新田さんの仕事を1日見せてもらってから、インタビュー取材をするためだ。

32歳独身(バツイチ)。中肉中背、色は浅黒く、ほりの深い顔立ち。

つんと上を向いている尖った鼻と、笑うとのぞく真っ白な歯が印象的だ。

そして、さらさらした黒髪をかき上げる手の指がとても長い。見た目は非常に魅力的な若者だ。

「若いときは睡眠時間5時間で十分だったのに、30過ぎてからはダメですね。

酒を飲まないと寝付けないし、朝本当に起きられなくなりました」

インタビューはいきなり遅刻の言い訳から始まった。

新田さんの出勤時刻は、早番の時は朝10時。12時間働いて、時給は932円。東京都の最低賃金だ。

前日は夜10時前にフリーの卓が始まり、その後セット客が来たため、セット卓の設定、フリー卓の代走、

ドリンクの提供などに追われ、定時に仕事をあがることができなかった。日付変更線は越えなかったものの、

それから帰宅して食事をして入浴して……となると睡眠時間は当然短くなる。ついうっかり遅刻した日に、

たまたまオーナーが来ていて、朝から怒鳴られてしまったというわけだ、私が「やっとお仕事終わったのに、

取材に応じてもらってすみません」と言うと、

「いえ、愚痴がほとんどになっちゃうかもしれませんけど、何でも聞いてくださいね」

と、微笑んでタバコに火をつけた。

「エコーってタバコ、珍しいですね」と聞くと「安いんです。コレ」と苦笑いする。

「タバコも酒もやめられないから常にお金はないですねぇ。麻雀をやり始めてから、ほんとにお金はずっとないですよ」

というところから、話は過去に戻っていく。

 

麻雀にハマった学生時代、そして中退

新田さんが麻雀を覚えたのは高校時代。地元の公立高校で、クラスメイトに誘われてルールを覚えた。

「フリー雀荘に憧れながら『近代麻雀』を必死に読んでいましたね。

大学生になったら雀荘で打つぞ! という気持ちでいっぱいでした」。

高校を出て地元の私立大学に入学、ほぼ同時にフリー雀荘に通うようになる。

「毎日楽しかったですねー。初めはぎこちなかったけど、店にある麻雀漫画を片っ端から読んで、

どんどんいろんなことを覚えて、メンバーさんや常連さんにかわいがられて。

駅前のファーストフード店でアルバイトも始めたんですけど、だんだん、

学校もバイトも休んで雀荘にいる時間が長くなってきました」

そうなると、その雀荘から「どうせ打つならうちでアルバイトしない?」と声がかかるのは当然だ。

「え、俺でいいの? うれしいな、と思ってすぐにバイトに入りましたけど、あれが地獄の1丁目だったかな」

と振り返る。フリー雀荘は、慢性的に人手不足だ。勤務時間はどんどん長くなり、やがて大学を自然消滅的にやめてしまう。

当時は実家で、両親と妹と住んでいたため、それほど経済的に困っていたわけではない。

しかし、テンゴフリーの勝ち負けが月々の収入に直結する生活では、貯金に回す金は手元に残らなかった。

 

結婚、帰宅拒否、そして離婚

 

 人生の転機を迎えたのは24歳の時。高校時代から付き合っていた恋人・桜子さんとの結婚話が持ち上がったのだ。

「彼女にしてみれば、もうすぐ25歳だから、どうせ結婚するなら早くしたい。結婚しないなら別れてほしい、

という、ごく当たり前の気持ちだったと思います。俺も、ずっと彼女のことは大事にして来たし、

『じゃあ結婚しようか』と、軽いノリで応じました。両親はすごく喜びましたね」

しかし結婚を前に、新田さんは桜子さんの両親に呼び出される。

「結婚するなら麻雀店のアルバイトではなくて定職に就くように、と言われました」。

間もなく中堅のスーパーマーケットに見習社員として就職、妻の実家の近くにアパートを借りて新居を構えた。

「あのまませめて1年くらいあの生活が続いていたら、俺の人生はこうはならなかったんじゃないかなって思いますね」

結婚して約3か月後、見習いから正社員に昇格すると同時に、他県の店舗に配置換えになったのだ。

通勤時間は片道約2時間。「夫婦で引っ越すことも考えましたが、まったく知らない土地に行くよりは

実家の近くのほうがいいと思って通勤することにしました」

しかし、スーパーの仕事はきつい。まだ新人とはいえ社員なので、地元採用のパート主婦やアルバイト学生、

フリーターたちをまとめながら、売り場やお客にも気を配らなくてはならない。往復4時間をかける通勤に、

新田さんは、だんだん疲れを感じるようになる。

「そんなとき、スーパーの2つ先の駅に、フリー雀荘があるのを知ったんですよ。

道でティッシュをもらったんだと思います。それを見たとき、

『あ、俺は麻雀から遠ざかってるからこんなに疲れてるんじゃないかなあ』と思って、その日の仕事終わりにすぐ行きました」

久しぶりに訪れたフリー雀荘は楽しく、「心が洗われるような気がした」と言う。「通い始めたころは、

『これでまた頑張れる。ここで打つために仕事を効率よく終わらせよう』と、仕事に対する意欲もわいてくるような気がしたんですよね」

ところが、仕事終わりに半荘を2~3回打つ程度では、次第に物足りなくなり、だんだん家に帰らない日が多くなる。

泊まるところはネットカフェや、勤務先の休憩室などいくらでもあった。

「勝ってるときは『勝ってるんだからもうちょっと打ちたい』と思うし、負けてるときは『負けたまま帰れるかよ』と思うんです。

そして『どうせ12時間後にはまたこの辺にいるんだから、このままいてもいいだろう』という気になってしまったんです」

なかなか帰宅しない夫に、桜子さんは「子供が欲しい。毎晩帰ってきてほしい」と泣きつく。

その結果「子供ができそうな日を教えてくれたら、その日ちゃんと帰るから」と告げ、それ以外の日はよけいに帰らない、

という悪循環に陥ってしまった。

そんな生活が1年半ほど続いたころのことだ。新田さんが休日に家で寝ていると、いきなり桜子さんの兄がアパートに入ってきて、

桜子さんの荷物を一切合財、軽トラックに積んで運び出してしまった。

「何が起こったのかわからなくて、義兄につかみかかって、1発殴ったような気がしますね。

蹴り飛ばされて、起き上がれないうちに全部終わってしまいました。俺は、なんでこんな目にあうんだろうって、しばらく呆然としてました」

雀荘に再就職、そしてその日暮らし 

 離婚後まもなく新田さんはスーパーをやめて新しい生活を始める決意をする。不幸中の幸いは、

離婚の慰謝料を請求されなかったことだ。とはいえ、別居生活を送っていた間、ずっと寂しかった桜子さんは、

自分は仕事をせずにかなりの額のお金を使っていたので、夫婦としての貯金もほとんどなかった。

「俺は、麻雀をしてネットカフェやスーパーの休憩室に泊まって、着替えをして……という生活に必要なお金は

キープしてましたけど、残りは妻に渡してたんですよ。それを服や化粧品に全部使ってたとは、ちょっと驚きましたね」。

離婚の直後、妹に縁談が持ち上がり、「近所で兄がブラブラしているとみっともない」ということで、

少し離れた土地でひとり暮らしをすることになった。

知らない土地に住んで、何か仕事を探さなくては、という状況になったときに、選んだのはやはり「フリー雀荘」だった。

初めに務めた雀荘はアットホームな雰囲気が売りのテンゴフリー。卓は6卓で、一見楽なように見えたが、

それがそうではなかった。「店番は3人必要なのに、社員とバイト合わせて8人しかいない店なので、

人数が足りないんです。急な風邪とか、親戚の不孝とかあると、そこを埋めるのにひどいことになるんです。

12連勤の翌日1日だけ休んで10連勤とか、昼夜ぶっ続けとか、昼夜ランダム5連勤とか、もうめっちゃくちゃ。

しかも俺、なぜか、オーナーにあまり好かれてなくて、ずっと下っ端アルバイトのまま時給も上がらず、

待遇がよくなかったので、面白くなくてやめました」

現在働いている雀荘は10卓以上あり、社員とアルバイトを合わせると20人以上が働いていて、たまにオーナーも来る。

「やっぱり、人数が多いと楽ですね。人間関係も楽です。ただここでも、オーナーにあまり好かれてないんですけど……

一応、正社員にはもうすぐなれそうですよ」と微笑む。その時も常にタバコを手にしている。もう何本目だろうか。

「酒とタバコはやめられないですね。でも一番やめられないのは麻雀です。金にならないのにね……。

ここで、最低賃金で1日12時間労働。休日は月に6日。いくらになります?」電卓をたたいてみると、額面では、

収入は26万円を超える。

「でもうちの店はワンゲーム400円。俺は平均1日10回打つので、ゲーム代の支出が月10万円くらいかかります。

麻雀の収支が完全にプラスマイナスゼロでも、月16万円。給料は現金でもらうんですけど、その額を下回ることもありますね。

冷静に考えると、嫌になるなあ」と苦笑する。

「出費は家賃が5万円、光熱費とかケータイで1万円くらい。タバコがエコー2箱で1日600円弱で月18000円、

あとは酒ですね。1日に飯と酒で3000円かかるとしたら月9万円?あれ、そんなに? どうなってんのかな?

そんなに飲んでないのかな? でも服とか買えないですよ。散髪とか、もうかなり悩んでから行きます」と。

「改めて数字にしてみるとひどいな。でも俺、やめられないんですよ、麻雀」。今は32歳とまだ若い。

しかし、今後どうするつもりなのだろうか?

「今後なんかわからないですよ。だって、今一番心配なのは『明日の朝起きられるかな』ってことですもん。

次遅刻したらクビって言われちゃいました」

「でも、冗談じゃなくて真面目に正社員を目指しますよ。勤務時間が長くなるかもしれないけど、ゲーム代はバックになるし、

保険もあるから、やっぱり働くなら正社員がいいかな。そして、いつか自分が店のオーナーになって、

この業界を変えていけたらな~なんてね。夢かな? 妄想かな?でも、立ち番しながらそんなこと考えてると楽しいですよ。

それに、俺、最近平均着順が上がってきてるんですよね。もっと麻雀強くなったら、もっと楽になるかなぁ。

そしたら再婚のチャンスとかもあるかな。まず、彼女見つけるとこからですけど。

とにかくがんばりますから見ててください、また遊びに来てくださいね!」

終電間際の駅で別れると、新田さんは大股でさっそうと去って行った、まだ32歳。

「好きでやめられないから」と麻雀を選んだ彼の前に、一筋の光が差しているように思えた。

この記事のタイトルとURLをコピーする