時にシビアに、時に感性で 茅森早香、熾烈な着順争いを乗り切った選択【Mリーグ2020観戦記2/8】担当記者:東川亮

時にシビアに、時に感性で 

茅森早香、熾烈な着順争いを

乗り切った選択

文・東川亮【月曜担当ライター】2021年2月8日

大和証券Mリーグ・レギュラーシーズンは残り20戦を切り、いよいよクライマックスを迎えようとしている。

一戦ごとに順位が入れ替わり、各チームを応援するファンも結果に一喜一憂。

その中で打つ選手は、重圧の中でも最善の選択をしていかなければならない。

攻めるのか、それとも守るのか。

卓につく選手の選択が、そのままチームの命運へとつながっていく。

2月8日 第2試合

東家:茅森早香セガサミーフェニックス

南家:萩原聖人TEAM雷電

西家:内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ

北家:朝倉康心U-NEXT Pirates 

東3局、茅森が面白い選択を見せた。

5巡目にして早くもテンパイ、雀頭がない形なのでいったん単騎に取る。

そして単騎待ちに変えてリーチと打って出た。

周りから見ればカンチャン外しに見える上には茅森のオタ風、直前に1枚切られているということで、これ以上なくいい単騎待ちになっている。

 

誰が掴んでも出そうな当たり牌を掴んだのは、追っかけリーチの内川。

しかもなんと裏ドラが

あまりに鮮烈な8000出アガリとなった。

興味深かったのは、この日の解説をしていた渋谷ABEMAS多井隆晴が最初のテンパイの段階から単騎に言及していたことだ。

一流にしか分からない感覚というのがあるのかもしれない。

東4局、萩原にとんでもない配牌が入る。

なんと、手牌を開けた段階で567三色ができあがっているイーシャンテン。

しかもドラがで赤もあり、どう仕上がっても高い、しかもすぐにテンパイしそうな手だ。

4巡目に待ちリーチ、三色が崩れたのは不満だが、リーチタンヤオ平和赤赤ドラのハネ満スタートならば十分過ぎる。

とはいえ、こういう手がアガれないのも麻雀である。

内川が果敢に仕掛けると、すぐにアガリきって1000-2000。

萩原の大物手を潰す価値あるアガリとなった。

南3局

茅森は6巡目でテンパイするが、役がなく待ちはドラのカン

さすがに分が悪いと見てリーチはかけない。

 

朝倉のリーチを受けてすぐに現物を暗刻落とし、粘らずに手を崩した。

そこへ親の内川もリーチ。

を切ってのカン待ち、いわゆる「モロ引っかけ」という形だが、これはシンプルにアガったときの打点を取りに行ったのだろう。

茅森には宣言牌がトイツ、これを落として安全にまわる。

しかし、さらなる追っ手がいた。

直後、萩原が待ちでテンパイし、ヤミテンに構えたのだ。

打点も平和ドラドラ赤で満貫。

茅森が今通ったをもう一枚放てば、トップを逆転される痛恨の放銃となる。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!