進む勝又、ブレない小林、耐える瀬戸熊、迷える魚谷、運命の“Xデー”に笑うのは…【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Tue】

進む勝又、ブレない小林、

耐える瀬戸熊、迷える魚谷、

運命の“Xデー”に笑うのは…

文・ZERO【火曜担当ライター】2019年1月8日

 

あなたは予選最終日がいつかを知っているだろうか?いわゆる7チームから4チームに絞られるXデーのことだ。

それは2/12(火)である。もう1か月後のことだ。正月を挟んで再開したばかりのMリーグだが、泣いても笑っても来月の今頃には3チームが姿を消すことになる。

70%を消化したというのに、大接戦だ。全チームにファイナル進出、そして予選敗退の可能性があると言っていい。

競馬で言うと4コーナーを回り直線に入っての叩き合いと言ったところだろうか。

まさに正念場であり、今夜はその正念場にふさわしい戦いが繰り広げられた。

2回戦のことだった。

東1局。まずはドリブンズと首位を争う風林火山・勝又健志の選択。

勝又はピンフドラ1をテンパイ。これをダマテンに構える。

通常、先制のピンフドラ1は借金してでもリーチしろ、と言われている。これをダマに構えた理由は3つあると思う。

1・ソウズが高い

魚谷がをポンしてソウズに走った場面だった

2・親の小林が早そう

役牌を切り出したあと、と余っていて、今にもリーチがかかりそう

3・チーム事情

まずは残留を確定させることを優先。ファイナルでは「ポイントは半分にして持ち越し」となる。残り試合が少なくなった今、ここで無理をしてptを稼ぐ意味は薄い。

実際、5秒後に

親の小林からリーチが入り…

勝又は危険牌を掴んでオリてしまう。

1つ1つの要素だけではダマテンに構える理由としては弱いが、3つ重なったところで判断も覆ったのだろう。

 

続いての東2局も、勝又の選択が非常に印象的だった。

この手牌から何を切るか。

私ならを切る。まずがあることで、678の三色にはならない。一番弱い孤立牌を切る、というシンプルな理由だ。

しかし勝又は

場を見渡してを切ったのだ。

たしかにピンズ、特に上部分は安い。(たくさん切られている⇒使い辛い)

そしてマンズの下は高い。(みんな使っている)

高い色を嫌い、安い色に寄せたのだろう。

ダイレクトのツモは痛いが、ツモはよりよいイーシャンテンに前進できるので裏目のロスも最小限、それでピンズの4~8までをキャッチできるなら…という判断だろう。

この局はすぐに親の魚谷が1000オールのアガリ。

勝又は軍師と呼ばれるだけあり、中盤に差し掛かる前あたりから、チーム戦を意識した選択を取り入れてきた。解説の際の話を聞いても、分析能力が秀でていることを感じる。

なお、今夜20時から放送する「熱狂Mリーグ」では、その勝又の深い読みを紹介する予定です。

http://live.nicovideo.jp/gate/lv317829837

「熱狂Mリーグ」は、毎週水曜の夜に木原さんと生配信している番組で、Mリーガーたちの凄い選択を短い時間で深く紹介する番組です。木曜まで待てない人は是非一度ご覧になってください。

 

続いて魅せたのが、パイレーツ・小林剛だ。

まず、これは次の東2局1本場の全員の手牌(6巡目)だが、あなたならどの手牌を持ちたいと思うだろうか。