白鳥翔、連戦連勝!! 僅差の勝機をものにする、オールラウンダー!!

白鳥翔、
連戦連勝!!
僅差の勝機をものにする、
オールラウンダー!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の86日目第2戦は、白鳥翔渋谷ABEMAS)がトップを獲得。

2試合目は4者とも僅差での攻防となったが、オーラスの1人テンパイが決め手となって白鳥が、黒沢を交わして逆転トップ。2連勝、11勝目をあげて、ABEMASはトータル2位に浮上となった。

2回戦の対局者は、EX風林火山滝沢和典セガサミーフェニックス茅森早香TEAM雷電黒沢咲、そして白鳥。

東3局、黒沢がリーチ・ツモ・イッツー・ウラ1の2000・4000。

南1局、またも黒沢のリーチが入る。これを受けて親の白鳥が、タンヤオチートイツ単騎を選択。これに、ポンテンを入れた茅森が捕まって4800点のアガリ。

南2局には、西家の滝沢と親の茅森のリーチ合戦となり、滝沢の勝利。茅森からピンフ・ドラ1・赤1の8000を討ち取り。

オーラス、トップ目は黒沢の29600点。2位の白鳥が28100点、3位の滝沢が26800点、ラスの茅森は15500点とトップにはハネマンツモが必要。

白鳥が6巡目にカンをチーしてタンヤオじかけ。赤1の手で逆転を狙う。しかし、終盤に至っても誰にもテンパイが入らない。かろうじて白鳥に形式テンパイが入ったのみ。

結局、親の滝沢にテンパイが入らずに流局。白鳥の1人テンパイで、逆転トップ。微差の勝利を白鳥が掴み11勝目獲得。ABEMASは総合2位にまで浮上した。

勝利者インタビューで白鳥は「さすがにこれで、セミファイナルに向けては王手かなと。4ラスとか惹かない限り大丈夫なんじゃないかな、というポイントになったので相当嬉しいです。セミファイナル、ファイナルと必ず行くので応援よろしくお願いしますと語った。

【Result】
1着 白鳥翔・ABEMAS 3万1100点/+51.1
2着 黒沢咲・雷電 2万8600点/+8.6
3着 滝沢和典・風林火山 2万5800点/▲14.2
4着 茅森早香・フェニックス 1万4500点/▲45.5

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +431.0(86/90)
2位 渋谷ABEMAS +154.3(86/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +134.3(86/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +89.1(86/90)
5位 TEAM雷電 +61.4(86/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲171.7(86/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲184.9(86/90)
8位 EX風林火山 ▲533.5(86/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

3月2日の対戦は
風林火山vsABEMASvsフェニックスvs雷電

キャスト

EX風林火山
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:金太賢
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券Mリーグ2019 EX風林火山vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!