松ヶ瀬隆弥、2度の12000で快勝!! 異例の3連闘起用に、3度目の正直で応えた!!

松ヶ瀬隆弥、

2度の12000で快勝!!

異例の3連闘起用に、

3度目の正直で応えた!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021」の開幕第4日目、第1戦は松ヶ瀬隆弥EX風林火山)が、トップを獲得。開幕3連闘となった松ヶ瀬は、東場でハネマンと親マンの2度の12000点のアガリを決めて快勝。異例の起用に3戦目にして、結果で応えることができた。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎U-NEXT Pirates石橋伸洋KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まり、そして松ヶ瀬の4名。

東1局、北家の松ヶ瀬が10巡目にリーチをかける。ピンフ・高めイーペーコー【6ソウ】【9ソウ】待ち。3巡後に西家・高宮の追いかけを喰らうも、同巡に高めの【6ソウ】をツモアガリ。さらにウラが2枚乗って3000・6000! いきなり松ヶ瀬がスタートダッシュを決める。

東4局、親を迎えた松ヶ瀬はダブ【東】をアンコにして8巡目にリーチ。西家・石橋の猛プッシュを受けるも【6ピン】【9ピン】待ちの【6ピン】をツモアガリ。4000オールを加点し、ダントツ状態に。

2番手に名乗りをあげたのは内川。南2局4本場に、松ヶ瀬のドラポンや石橋の親リーチに向こうを張ってチンイツ・赤1の3000・6000をツモアガる。

南3局1本場、親被りでラスに落ちた石橋が、親リーチをあけた高宮からドラの【6ソウ】を押し切ってタンヤオイーペーコー・ドラ2・赤1の8000点をカウンターで討ち取って3着を確保した。

開幕からの3連闘という異例の起用に、松ヶ瀬が3度めの正直とばかりに初トップを獲得した。

松ヶ瀬はインタビューで、

「(初勝利は)めちゃめちゃうれしいですね。開幕から3連闘で使ってくれた監督の、期待に応えたかったので今日は絶対トップがほしいと思っていて、結果的に取れて本当にうれしいです。(リストバンドの)担当は『山』なんですが『火』で行ったらトップ取れたので… どうなんだろう?(笑)」

と語った。

【Result】
1着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 4万2600点/+62.6
2着 内川幸太郎サクラナイツ 2万9600点/+9.6
3着 石橋伸洋・パイレーツ 2万900点/▲19.1
4着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 6900点/▲53.1

【Total】
1位 TEAM RAIDEN/雷電 +131.8(4/90)
2位 渋谷ABEMAS +62.3(4/90)
3位 赤坂ドリブンズ +20.8(4/90)
4位 EX風林火山 18.3(3/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲21.6(3/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲58.1(3/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲71.0(4/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲82.5(3/90)

大和証券Mリーグ サクラナイツvsPirates vs麻雀格闘倶楽部vs風林火山

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月8日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsU-NEXT Pirates vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
U-NEXT Pirates
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
EX風林火山
実況:松嶋桃
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ サクラナイツvsPirates vs麻雀格闘倶楽部vs風林火山

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!