Mリーグ2021ドラフト指名を受けて 本田朋広(TEAM雷電)コメント

Mリーグ2021

ドラフト指名を受けて 

本田朋広

(TEAM雷電)コメント

8/2に行われたMリーグ2021シーズンドラフト会議にて、TEAM雷電から指名を受けた本田朋広(日本プロ麻雀連盟)。近年では麻雀グランプリMAXを連覇、麻雀最強戦ファイナル進出、さらには今シーズンオフに開催された「EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディション」でも準優勝するなど活躍してきた打ち手が、ついにMリーグへの扉を開いた。一夜明け、本田プロからコメントをいただいた。

本田朋広

「指名が決まった後はたくさんの方からお祝いのメッセージをいただいて、自分にいつこんなにファンの方が増えたのだろう、と驚きました。

今は本当にうれしいのですが、自分がMリーグの舞台でやっていけるのかという不安もあります。Mリーグで戦うことになるので、まずは富山から東京に出てくる準備をこれから進めます。今月中には住む場所を決めようと思っています。

TEAM雷電は、Mリーグの中でもカッコいい、面白い麻雀を打つチームだと思っています。自分も早くそういった麻雀が打てるよう、努力したいと思っています」

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!