鳴いてもリーチでも顔でも打点が高い内川幸太郎の柔軟な麻雀!【Mリーグ2021観戦記 1/24】担当記者:危険な鬼太郎

鳴いてもリーチでも顔でも

打点が高い内川幸太郎の

柔軟な麻雀!

文・危険な鬼太郎【月曜担当ライター】2022年1月24日

打牌の動作がとても速い打ち手が集まったこの2回戦。なまじ1回戦が2時間以上のロングゲームになってしまったので、下手したら今日のMリーグの対局が終わるのは24時を回るのではないか? とちょっと不安に思っていたのだが、このメンバーだとその心配も杞憂に終わりそうだ。

【2回戦】

東家:内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ
南家:園田賢赤坂ドリブンズ
西家:佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部
北家:松本吉弘渋谷ABEMAS

東1局1本場 親・内川 ドラ【9ソウ】

場も中盤が過ぎた頃に、松本が幸先よく先手を取ってリーチ宣言!

リーチドラ1のペン【7ソウ】待ち。そしてこれに一発で放銃してしまったのが今期不調が目立つ寿人。

リーチピンフドラの【1マン】【4マン】の聴牌が入り、【7ソウ】を叩き切ってリーチをするものの、

この【7ソウ】が松本のアタリ牌で、寿人は松本にリーチ、一発、ドラ、ウラウラの8000の放銃。開局から一気に場が動き出す。

東2局 親・園田 ドラ【4ソウ】
松本が凄く反射神経が良い鳴きを見せる。松本は【4ピン】をポンして、


【北】ではアガれない、【中】バックのドラ赤の聴牌を入れる。ツモれば1300-2600とそこそこ打点が付くし、メンゼンでやってもこの手はかなり遅い進行になりそうなので鳴いたのだろう。

もし運悪く【中】が山に深く、他家からの反撃がくれば【北】の対子もあるので大分安心感がある。

その後寿人が【中】を打ち、

【中】ドラドラの3900点の加点に松本は成功。中々【4ピン】にポンの声を出せない人も多いのではないだろうか。

東4局 親・松本 ドラ【8マン】

内川が自風の【南】をポンし、マンガンを目指しホンイツチャンタを睨む打【5ピン】を選択。

この内川の切った【5ピン】に反応したのが七対子ドラドラのイーシャンテンだった園田。【5ピン】をカン【5ピン】の形でチーし、

鳴いて聴牌が取れるタンヤオドラドラの形に舵を切る。七対子を目指した方がもちろん打点が高くなるが、鳴いてこの形にした方が七対子と比べて聴牌のしやすさが段違いだ。

その後内川は絶好の【8ピン】を引いて、

役役チャンタドラの【東】【發】のシャンポン聴牌が入る。これに放銃したのが園田。

【發】【南】チャンタ、ドラの8000をトップ目の園田から打ち取る。

南1局 親・内川 ドラ【6ソウ】

親番の内川の手牌が良すぎて2巡目に小考。

手の中でドラドラ赤があり、手牌も若干タンヤオに寄っているので【9マン】の対子落としをして行くのか?と思っていると内川はここで、

【6ピン】としピンズの三面張だけはとりあえず固定し、手牌の伸びを消さない選択をした。手順マエストロと言われている内川らしい柔軟な選択に見える。これが同チームメイトの沢崎なら十中八九打【9マン】としていきそうだ。

次巡、【3ソウ】を引き

もういよいよここでタンヤオドラ3を見て【9マン】の対子落としではないか?と思ったが、

内川は打【6マン】としてタンヤオを捨ててピンフを選んだ。なまじピンズに【1ピン】受けがある分タンヤオにはしにくかったか。

この内川の選択がバッチリと決まり聴牌を入れ、

ドラを1枚叩き切っての、リーチピンフドラ赤の【1ピン】【4ピン】【7ピン】待ちでリーチ宣言! これにラス目の寿人も引かずに、

リーチタンヤオ【4ピン】【7ピン】待ちで追っかけリーチを打つ。どちらも待ちが被っていたものの、これを制したのが

内川! 見事に【1ピン】をツモってリーチ、ツモ、ピンフ、ドラ、赤の4000オールのツモアガリ。

そして内川はオーラスまでこのリードを守り切って、南4局で

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!