丸山奏子、注目の復帰戦でみごと勝利!! 開局インパチで、茅森とのトップラスを決める!!

丸山奏子、

注目の復帰戦でみごと勝利!!

開局インパチで、茅森との

トップラスを決める!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕68日目、第1戦は丸山奏子赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。開局の親でハネマンを茅森から討ち取った丸山が終始リード。萩原に迫られるも最後も自らアガリきって2勝目を獲得。ドリブンズはフェニックスをかわして6位へと浮上した。

第1戦の対局者は、EX風林火山滝沢和典セガサミーフェニックス茅森早香TEAM雷電萩原聖人、そして丸山の4名。

丸山のコロナ休場からの復帰戦。東1局、起家の丸山が8巡目にリーチをかけると、10巡目に南家・茅森が追いかける。丸山ペン対茅森待ち。茅森がハイテイを掴んで放銃で決着。リーチ・ホウテイ・ドラ1・赤2・ウラ1の18000点。丸山、復帰第1戦を親ハネマンのアガリで大きくリード。茅森は待ち取りによってはアガリがあっただけに、痛恨の放銃か。

東2局2本場、茅森は親番でピンフタンヤオ・ドラ1・赤1の手をリーチをかけて、滝沢から仕留める。12000点のアガリで失点のリカバリに成功。

しかし同4本場、茅森と西家・萩原のリーチ合戦は萩原に軍配が上がる。リーチ・一発・赤1の5200点で、萩原が2番手に。

南1局、滝沢の5巡目リーチに、丸山が立ち向かう。をリャンメンでチー、をポンしてのシャンポン待ちでテンパイすると、全力プッシュ。終盤で滝沢からを討ち取って2900点。

オーラス1本場を迎えて、ラス親の萩原と丸山の点差は2200点。腹を括った丸山は遠いところからダブを仕掛けると、するするとドラを重ねてテンパイ。牌山に4枚残っているカン待ち。これを滝沢から討ち取って8000点。

丸山が見事復帰戦を勝利で飾った。

丸山はインタビューで、

「去年のことを考えると、意外とプレッシャーは感じてないで打つことができました。コロナの陽性でしばらくお休みをいただくこととなってしまい、ご心配をおかけしてしまって、すみませんでした。元気に復活して試合にも挑めてますので、みんなでセミファイナルに行けるように頑張りたいと思います」

と復帰への思い入れを語った。

【Result】
1着 丸山奏子・ドリブンズ 4万4400点/+64.4
2着 萩原聖人・雷電 3万2900点/+12.9
3着 滝沢和典・風林火山 1万5400点/▲24.6
4着 茅森早香・フェニックス 7300点/▲52.7

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +636.3(68/90)
2位 EX風林火山 +146.7(67/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲3.7(68/90)
4位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲18.9(67/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲41.8(68/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲150.5(67/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲265.5(67/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲302.6(68/90)

「大和証券Mリーグ2020 ドリブンズvsEX風林火山vsフェニックスvs雷電」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
2月2日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!