日向藍子、会心のウラ3! ハネマンの一閃で今季初勝利ゲット!!【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン】

日向藍子、会心のウラ3!

ハネマンの一閃で

今季初勝利ゲット!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の開幕2日目、第2戦は日向藍子渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。先行する二階堂亜樹から、ハネマンの直撃を決めた日向が快勝。乗らないウラドラに苦しんだ昨シーズンとは一味違う戦いを見せた。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ鈴木たろうEX風林火山二階堂亜樹KADOKAWAサクラナイツ渋川難波、そして日向の4名。

東1局、本日が49歳の誕生日の鈴木が食いタンヤオ・ドラ1・赤1の1000・2000。今季の初アガリを決める。

次局は、親番の二階堂がリーチ・ツモ・赤1の2000オールで連荘。1本場ではさらに【白】・ドラ1のツモアガリで1000オールを加点。

その2本場、西家・日向が7巡目にリーチを宣言。4巡目に切られている【3ピン】を頼りに二階堂が【2ピン】を切ると、これが御用。リーチ・ピンフ・赤1・ウラ3の12000点。日向が一気にトップ目に立つ。

南場はラス目に沈んでいた渋川が、連続マンガンを決めて2着まで浮上。Mリーグの初舞台を2着で終えた。

日向はインタビューで、

「(初トップ)うれしいがいっぱいです。(東2局2本場のハネマンは)あれはラッキーですね。【3ピン】を先切りしたから【2ピン】を打ってもいいかなと(二階堂)亜樹さんが思ってくれたと思うんですけど、ウラ3は出来すぎですね」

と語った。

【Result】
1着 日向藍子・ABEMAS 3万7700点/+57.7
2着 渋川難波サクラナイツ 3万700点/+10.7
3着 鈴木たろう・ドリブンズ 1万6900点/▲23.1
4着 二階堂亜樹・風林火山 1万4700点/▲45.3

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +97.0(2/94)
2位 渋谷ABEMAS +64.3(2/94)
3位 赤坂ドリブンズ +34.2(2/94)
4位 セガサミーフェニックス +24.6(2/94)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲5.9(2/94)
6位 U-NEXT Pirates ▲46.6(2/94)
7位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲75.0(2/94)
8位 EX風林火山 ▲92.6(2/94)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラナイツvsABEMAS

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
実況:松嶋桃
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラナイツvsABEMAS

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!