レディ・ベルセルクは屈しない── 高宮まりがたどり着いた美しい最終形【Mリーグ2023-24観戦記 11/27】担当記者 #江崎しんのすけ

レディ・ベルセルクは
屈しない──
高宮まりがたどり着いた
美しい最終形

文・江崎しんのすけ【月曜担当ライター】2023年11月27日

第2試合

東家:魚谷侑未 (セガサミーフェニックス)
南家:瑞原明奈 (U-NEXT Pirates)
西家:高宮まり (KONAMI麻雀格闘倶楽部)
北家:松本吉弘 (渋谷ABEMAS)

この牌姿から何を切るだろうか?

東2局、親番を迎えた瑞原の8巡目の手牌だ。
形だけで言えば、【3ピン】を見なかったことにして【3ピン】【4ピン】と落としたくなる。

打牌の候補は、例えば打【5ピン】がある。
【5ピン】を切るとこの形。

この形のいいところはテンパイする牌が多い点。
【5マン】【6マン】【7マン】【8マン】【6ピン】【7ピン】【8ピン】【9ピン】と8種類ある。
ただそのうち【5マン】【8マン】【6ピン】【9ピン】は引くと単騎テンパイになってしまい、リャンメンでテンパイする牌は4種類だけだ。

対して、【3ピン】【4ピン】を切った場合。

テンパイする牌は【5マン】【8マン】【6ピン】【9ピン】と4種類しかないが、何を引いても平和が確定しており、678のタンピン三色まで狙うことができる。

ドラ単騎なら良いが、マンズの単騎待ちになった際に即リーチに踏み出せない点を考慮すると、満足いくテンパイ形になる牌の種類はそんなに変わらない。

であれば最高打点が狙える【3ピン】【4ピン】切りが良いという理屈だ。
【4ピン】を残していたのは先にドラの【7ピン】を引いた時に【8ピン】を切って【3ピン】【6ピン】受けのタンピンドラドラが狙えるからで、ドラを引く前であればツモ切りが良いだろう。

ただ、今回は状況がやや複雑だった。

トップ目の魚谷が【8マン】【9マン】をポンしている。
【8マン】は瑞原が欲しかった牌だ。

魚谷は【8マン】をポンしてドラの【7ピン】を切り、次巡【9マン】をポンして打【9ピン】としている。

仕掛けからマンズの染め手に見えるが、場に字牌が多く切れており、魚谷のオタ風である南以外は全て2枚以上見えている。

つまり魚谷の仕掛けが染め手だった場合、ホンイツではなくチンイツである可能性が高い。

実際には頭のないイーシャンテンで、チンイツになるには2枚牌を引かなければいけない手だった。

ただ、周りからすれば知る由もない。
最低打点満貫のかなり迫力のある仕掛けに見える。

そして瑞原の手牌だ。

何もなければ【3ピン】【4ピン】を落としたいが、678の三色になる【8マン】はポンされていて、【5マン】【8マン】待ちに不安が残る。

瑞原の選択は打【5ピン】だった。

【6マン】【7マン】を引けばネックの【5マン】【8マン】待ちを解消しつつメンタンピンリーチを打つことができる。仮に【5マン】【8マン】を引いてドラの【7ピン】単騎でダマテンに構えれば、【7ピン】が魚谷の現物なので脇からこぼれるかもしれない。

他家の動きに対応しつつ、勝負できる形は残す柔軟な選択を見せる。

この局面は東2局だが、少し遡り、東1局にとても似た局面があった。

東1局、今度は西家の高宮の手牌。

瑞原の手は678の三色が狙える手だったが、高宮の手は789三色のイーシャンテン。瑞原がドラが重なったときに受けを変えられるよう【4ピン】を残していたのと同じ理由で、高宮も【4ピン】を手に抱えていた。

そして、瑞原と同じように【3ピン】を引いてくる。

この牌姿も、先ほど説明したように【3ピン】【4ピン】落としが一般的だろう。
しかしこの局も、東2局と同じく難しい局面となっていた。

直前に親番の魚谷からリーチが入っているのだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/