もはや人間技ではない!麻雀サイボーグ小林が弾き出したコバゴーの1択【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Thu】

もはや人間技ではない!

麻雀サイボーグ小林が

弾き出したコバゴーの1択

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2018年12月20日

先日、小林剛から私のもとに突然のラインが来た。なんだろう、と思って文面を見ると…

 

「観戦記の、待ちを崩した局面。喰いタンなので形テンじゃないよっ」

 

か、かわいい…。しかもありがたいご指摘…。このような感じで卓に着いていないときの小林は、ユーモアがあって優しい。みんなに慕われている。

ただ、一度卓に着くとガラリ一変。損得だけで一つ一つの判断をしていくロボになる。付いたあだ名は

「麻雀サイボーグ」だ。

そんな小林、今日は先発として出場する。

年内最終戦となるU-NEXT Pirates。大事な締めの一日だ。小林船長は、

苦しい位置にいる海賊船を浮上させることが出来るだろうか。

試合は東場から荒れ模様。

東2局

この手格好で、萩原と茅森の2軒リーチに挟まれた小林。

この表情。 選んだのは…

だ。上家茅森の安全牌。下家の萩原は3巡目にを切って5巡目にを手出ししている。

 

 

 

「ロン」

しかし、これが萩原の待ち12000に激突してしまう。

3巡目に萩原は、

このイーシャンテンから、

を切り出している。テンパイへの受け入れ枚数は3枚減るが、

このようにを引いたときに待ちがとてつもなく良い待ちになる。

が良くなるだけで、567三色に必要なは良くならないのでは?と疑問が浮かんでくるかも知れない。しかし、このあとを引いてきた場合やがノーチャンスになった場合には、も待ちとして強くなる「潜在的可能性」があるのだ。

567三色が決まる可能性をMAXに引き上げる、まさに手役派の一打。

もちろん、萩原のこのような手順は小林も想定していたであろうし、当たることもあると覚悟の上でを切っているはず。手が良かっただけにこの放銃は仕方がない。

しかし、この後、

茅森が3000-6000ツモ。

前原が4000オールツモ。なんと小林の持ち点は3300点になってしまう。

普通のプレイヤーならここで気持ちが萎えてしまうことだろう。打牌への影響も少なからず出てしまうかもしれない。

しかし、小林は違う。今年優勝したRTDリーグの勝利者インタビューでも語っていたが、

『感情を打牌に影響させない』

ことを常々心掛けている。

逆境であろうとへこたれない強靭なメンタルを武器に、小林は淡々と選択を繰り返していく。

 

テーマ1 字牌の扱い方

東3局

我々なら心がポッキリ折れてしまいそうな手牌。小林の選択は…

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!