渋谷ABEMAS・白鳥翔 フリテン受けを恐れず目いっぱいの構えで親流しに出る【Mリーガー29人の名手】

渋谷ABEMAS・白鳥翔

フリテン受けを恐れず

目いっぱいの構えで

親流しに出る

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 10/15

第2試合  南3局 ドラ

東家 藤崎智麻雀格闘倶楽部

29500

南家 和久津晶セガサミーフェニックス

13100

西家 白鳥翔渋谷ABEMAS

37500

北家 小林剛U-NEXTパイレーツ

19900

ラス前をトップで迎えた西家・白鳥。2着目の藤崎の親を落とせばトップ濃厚という場面である。789の三色からタンヤオに切り替え始めた4巡目にツモ。通常ならくっつきを狙って残す牌だが、第1打に捨てたがネック。はたして白鳥は何を切ったか?

 

 

 

「フリテン受けを恐れるな」

白鳥はここで打からソーズの伸びをにらんだ。を引けばリャンメンとはいえフリテン受けが残るが、それを厭わぬ構えである。フリテンはテンパイすれば出アガリが利かないが、引き戻したり上家からチーするなどテンパイまでに解消できる可能性は十分ある。

さらに残しのメリットは次にを引き戻した時にある。第1打にがあるため、が出アガリしやすいターツに化けるのだ。これならのリャンメンからチーしても他家から出やすい待ちが残る。

 

実戦ではと引いてメンゼンでテンパイした白鳥。即リーチをかけ、ツモの裏ドラ3枚でトップを決定づけるアガリを決めた。絶妙な最高の結果につながったのだ

トップを決定づけるハネ満ツモ!

 

Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

12月28日発売‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!