黒沢咲、マンガン連発で8勝目!! TEAM雷電、ついに2位にランクアップ!!

黒沢咲、

マンガン連発で8勝目!!

TEAM雷電、ついに

2位にランクアップ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕70日目、第2戦は黒沢咲TEAM雷電)が、トップを獲得。中盤でマンガン・親マンのツモアガリを決めた黒沢が、危なげなくトップで終了。8勝目をあげて、雷電が風林火山をかわして2位に浮上した。

第2戦の対局者は、EX風林火山勝又健志渋谷ABEMAS多井隆晴U-NEXT Pirates小林剛、そして黒沢の4名。

東3局1本場、ドラ2・赤1の手が入った南家・勝又がをポン。待ちテンパイのがソーズ一色の親の小林から出て8000点。まずは勝又がリードを奪う。

東4局、南家・黒沢が赤1のテンパイ。のシャンポン待ちで6巡目に先制リーチをかける。親の勝又が2巡後に追いつく。ピンフ・ドラ1の待ちで追いかけるが、同巡に黒沢が高めをツモアガリ。2000・4000でトップ目が入れ替わる。

南1局、親になった黒沢が11巡目に待ちのリーチのみでリーチをかける。他三者もテンパイをいれた中、黒沢が終盤にツモ。さらにウラドラを2枚乗せてのの4000オール。これで黒沢がダントツになり、焦点は2位争いに。

同2本場、多井がホンイツの3900点を2着目の勝又から討ち取って、2番手に浮上。

南4局2本場、ふたたび3着目に落ちていた多井がドラのをポンしてチャンタ狙い。2位再浮上を目論む。しかし先にテンパイしたのは4着目の小林。チートイツ・赤1の単騎待ちでリーチ。ツモれば2着。出アガれば多井をかわして3着。出アガリでもウラドラが乗れば2着に浮上する。

15巡目、カン待ちテンパイを入れていた多井がをツモ。小考の末、このが打ち出される。そしてウラドラが乗って小林が2着へ浮上、多井は4着へ降着となった。

黒沢はインタビューで、

「途中迷ったところもあり、思ったとおりに打てばよかったなという部分もあったので、最後までハラハラドキドキしながら打ってました。私が(8勝で瀬戸熊さんを)追い抜いたので、すぐに追いついてくると思います(笑)」

と語った。

【Result】
1着 黒沢咲・雷電 4万9500点/+69.5
2着 小林剛・パイレーツ 2万4700点/+4.7
3着 勝又健志・風林火山 2万2100点/▲17.9
4着 多井隆晴・ABEMAS 3700点/▲56.3

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +557.3(70/90)
2位 TEAM RAIDEN/雷電 +71.7(70/90)
3位 EX風林火山 +31.6(70/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲41.7(70/90)
5位 赤坂ドリブンズ ▲98.4(70/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲119.2(70/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲163.5(70/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲237.5(70/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vsABEMASvs雷電vsPirates」

詳細情報
EX風林火山vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
2月5日の対戦はEX風林火山vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

EX風林火山
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!