瑞原明奈、乱打戦を制して3勝目!! パイレーツ、8位脱出に向けて好調クルーズ!!

瑞原明奈、

乱打戦を制して3勝目!!

パイレーツ、8位脱出に

向けて好調クルーズ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕70日目、第1戦は瑞原明奈U-NEXT Pirates)が、トップを獲得。起家の連荘でトップに立った瑞原だが、松本・瀬戸熊の猛攻にあって3位に降着。しかし、ラス前・オーラスの連続アガリに成功し、逆転トップ。瑞原が3勝目をあげた。

第1戦の対局者は、EX風林火山滝沢和典渋谷ABEMAS松本吉弘TEAM雷電瀬戸熊直樹、そして瑞原の4名。

東1局は、親の瑞原が1フーロのホンイツ・ドラ1をツモアガリして2600オール。同1本場は、瑞原の先制リーチが入るも1人テンパイで流局。2本場へ。

同2本場、南家・滝沢にタンヤオイーペーコー・ドラ2・赤3の単騎待ちという大物手が入る。そこへ瑞原がドラのを切ってふたたびリーチ・ツモアガリ。ピンフタンヤオ・高めイーペーコーの高めをツモって4000オール。さらに連荘。

同3本場、またも滝沢に大物手が入る。ピンフ・ドラ2・赤2のヤミテンマンガン、待ち。そこに瑞原がをチーしてペン待ちのサンショクをテンパイ。松本がチーを入れたところ、滝沢にが流れて3000・6000。

南2局、前局に滝沢からマンガンを討ち取った松本が、さらにメンホン・チートイツ・ドラ2の12000を瑞原から直撃。瑞原をかわして松本がトップ目に。

南3局は、親の瀬戸熊が1本場にリーチ・ツモ・・ドラ1の4000オール。同2本場は瀬戸熊が5巡目リーチ・一発・ツモ・赤1の4000オールでトップ目に浮上。

同3本場、瑞原がチャンタのペン待ちリーチをかけて、松本から6400点を討ち取り。瑞原が2番手に浮上。めまぐるしく着順が入れ替わる。

オーラスを迎えて、瑞原とトップ目瀬戸熊との点差は6700点。先制リーチをかけた瑞原、ドラ1・赤1の高めイーペーコー待ち。安めながらをツモアガって2000・4000。逆転トップで瑞原は3勝目を獲得。パイレーツのボーダー脱出にむけて、価値ある1勝をあげた。

瑞原はインタビューで、

「東1局でけっこうリードを持てましたが、まだまだ一波乱二波乱あるんだろうなという気持ちでやっていたら、実際(他家に)”3000・6000””3000・6000”みたいな感じで(笑)。オーラスは、これをアガったらトップというリーチを今季打てていて、今回はツモれてホッとしました

と語った。

【Result】
1着 瑞原明奈・パイレーツ 4万100点/+60.1
2着 瀬戸熊直樹・雷電 3万6800点/+16.8
3着 松本吉弘・ABEMAS 1万7300点/▲22.7
4着 滝沢和典・風林火山 5800点/▲54.2

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +613.6(69/90)
2位 EX風林火山 +49.5(69/90)
3位 TEAM RAIDEN/雷電 +2.2(69/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲41.7(70/90)
5位 赤坂ドリブンズ ▲98.4(70/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲119.2(70/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲163.5(70/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲242.5(69/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vsABEMASvs雷電vsPirates」

詳細情報
EX風林火山vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
2月5日の対戦はEX風林火山vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

EX風林火山
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!